向井町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
向井町
廃止日 1920年4月1日
廃止理由 編入
現在の自治体 堺市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 近畿地方
都道府県 大阪府
泉北郡
隣接自治体 堺市、舳松村五箇荘村
東成郡墨江村依羅村
南河内郡金岡村
向井町役場
所在地 大阪府泉北郡向井町大字中筋
 表示 ウィキプロジェクト

向井町(むかいちょう)は、大阪府にあった。堺市街地の北および東に位置した。現在の堺市堺区北東部にあたる。

歴史[編集]

七道(しちどう)村と遠里小野(おりおの)村は明治3 - 4年まで摂津国住吉郡に属していた。以降両村は大和川の南北に分かれ、南側が和泉国大鳥郡となった。

江戸時代には北庄村と中筋村は堺廻り3ヶ村のうちで、北庄村は現在の錦之町東 - 櫛屋町東間、中筋村は戎之町東 - 宿院町東間の堺市街地東縁部に形成された農人町に居住していた[1]

  • 1889年(明治22年)4月1日 町村制施行により、大鳥郡七道村、遠里小野村、西万屋新田村、北庄村、中筋村が合併して、大鳥郡向井村が発足。大字中筋に村役場を設置。
  • 1894年(明治27年)2月10日 大字七道が堺市に編入される[2]
  • 1896年(明治29年)4月1日 郡の統廃合により、泉北郡に属する。
  • 1910年(明治43年) 大字西万屋新田を西万屋に改称。
  • 1913年(大正2年)11月1日 町制を施行して泉北郡向井町となる。
  • 1920年(大正9年)4月1日 泉北郡湊町と共に堺市に編入される。
  • 1922年(大正11年) 堺市七道西町、七道東町、遠里小野町、香ケ丘町、浅香山町、東雲町、田出井町、今池町、向陽町、花田口町、瓦町、新町、翁橋町、安井町、榎町、三国ケ丘町の町名に改称。

交通[編集]

鉄道路線[編集]

現在は上記の他に西日本旅客鉄道阪和線堺市駅が所在するが、当時は未開業。

道路[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ただし、錦農人町は北瓦屋町と称した。
  2. ^ 現在の堺市堺区七道東町・七道西町にあたる。紀州街道に面する並松町(堺市街地)によって東西に分断され不便であったために早期編入となった。ちなみに並松町の名称は街道の松並木に由来し、分断される七道村の東西はそれぞれ松東・松西と通称された。