名畑城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
logo
名畑城
富山県
別名 名畑城
城郭構造 平城
築城主 佐々成政
築城年 天正12年(1584年)頃
主な城主 佐々成政勢
廃城年 天正13年(1585年)頃
位置

名畑城(なばたじょう)は富山県小矢部市東蟹谷(ひがしかんだ)地区の名畑地内に在った日本の城平城)。

概要[編集]

天正12年(1584年)頃に佐々成政によって築かれた陣城。

同年に起きた小牧・長久手の戦いを契機に、成政(徳川家康を支持)と隣国である加賀国を領する前田利家豊臣秀吉を支持)との関係が悪化。これにより両者は加賀、越中国境の各街道沿いに膨大な数の城砦を築く事態となる。各街道の中でも特に重要視されたのが『田近道』と『小原道』であり、佐々方は『田近道』に越中国一乗寺城、『小原道』に加賀国松根城を、対する前田方は『田近道』に加賀国朝日山城、『小原道』に加賀国切山城を配してそれぞれに大規模な改修を施して対峙した。名畑城はこの両道が越中側で合流した場所に位置しており、一乗寺城と松根城の後方支援基地としての役割を果たしたとみられる。廃城の時期に関しては不明だが、一乗寺、松根両城が落城した時点でその役目を終えていたと思われる。

現在[編集]

跡地に名畑神社が建っており、往時を偲ばせるものは後年建てられた石碑と案内板のみである。

関連項目[編集]