名古屋市立東港中学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
名古屋市立東港中学校
Nagoya City Toko Junior High School 20160416.JPG
国公私立 公立学校
設置者 名古屋市
設立年月日 1947年
共学・別学 男女共学
学期 3学期制
所在地 455-0014
愛知県名古屋市港区港楽一丁目7-16
外部リンク 公式ページ
プロジェクト:学校/中学校テンプレート
テンプレートを表示

名古屋市立東港中学校(なごやしりつとうこうちゅうがっこう)とは、愛知県名古屋市港区港楽一丁目にある公立中学校

概要[編集]

周りを、幹線道路が通っており、また、名古屋高速4号東海線が校地に隣接している。そのため、校舎の全教室には空調設備が完備されている。また、地震に強い構造設計のため柱が多く、8の字構造をしている。

部活は特に吹奏楽部がここ近年有名である。2008年には朝日新聞社主催「第21回全日本マーチングコンテスト」全国大会に初出場した。2009年朝日新聞社主催「第57回全日本吹奏楽コンクール」全国大会(東京・普門館)に初出場し銀賞受賞。同年、2年連続出場となる朝日新聞社主催「第22回全日本マーチングコンテスト」全国大会では出場2年目で「金賞」受賞と快挙を達成。2010年では3年連続出場となる朝日新聞社主催「第23回全日本マーチングコンテスト」全国大会に出場し「銀賞」を受賞。第65回東海吹奏楽コンクールでは「金賞」を受賞。第52中部日本吹奏楽コンクール本大会では2年連続となる「優勝」を受賞している。

校章[編集]

1947年昭和22年)の秋、在校生から校章の図案を募集し、300あまりの応募があり、校章候補を数点に絞った後、この校章が決まった。

校章の図案そのものは、と船によって「東中」を表している。

歴史[編集]

生徒数の変遷[編集]

『愛知県小中学校誌』(2018年)によると、生徒数の変遷は以下の通りである[1]

1947年(昭和22年) 465人
1957年(昭和32年) 1690人
1967年(昭和42年) 1530人
1977年(昭和52年) 1290人
1987年(昭和62年) 793人
1997年(平成9年) 847人
2007年(平成19年) 694人
2017年(平成29年) 566人

通学区域[編集]

当校には名古屋市立東築地小学校名古屋市立西築地小学校名古屋市立港楽小学校の各小学校区内に在住する生徒が通う(私立中学進学者等を除く)。

1963年昭和38年)9月3日より、東港中の生徒向けの「スクール電車」が仕立てられ、木場町東築地町大江町昭和町潮見町在住の生徒がそれを利用して通学したという[2]。電車は2両編成のボギー車で、7時50分に昭和町停留所を出発し、竜宮町停留所を経て、学校最寄りの港楽町停留所まで運行された[2]。帰りは1時20分に港楽町停留所を出発し、昭和町停留所まで運行されたという[2]。定期代が1ヶ月350円と記録されている[2]

所在地[編集]

  • 愛知県名古屋市港区港楽1-7-16

著名な卒業生[編集]

交通アクセス[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

WEB[編集]

  1. ^ 名古屋市教育委員会事務局総務部企画経理課企画統計係 (2018年9月18日). “港区の小・中学校一覧” (日本語). 名古屋市. 2018年11月14日閲覧。

書籍[編集]

参考文献[編集]

  • 『名古屋市立小中学校長会 40周年記念誌』名古屋市立小中学校長会、名古屋市立小中学校長会、1988年3月29日(日本語)。
  • 『六三制教育七十周年記念 愛知県小中学校誌』六三制教育七十周年記念 愛知県小中学校誌 合同記念誌編集特別委員会、愛知県小中学校校長会・名古屋市立小中学校長会、2018年2月15日(日本語)。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]