吉野橋 (中村川)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
吉野橋
Yoshinobashi,Yokohama.JPG
吉野橋。下流側より
基本情報
日本の旗 日本
所在地 神奈川県横浜市南区
交差物件 中村川
建設 1926年
座標 北緯35度26分03.2秒 東経139度36分55.6秒 / 北緯35.434222度 東経139.615444度 / 35.434222; 139.615444
構造諸元
形式 アーチ橋桁橋
材料 鉄筋コンクリート鋼板
全長 35.3m
22m
関連項目
橋の一覧 - 各国の橋 - 橋の形式
テンプレートを表示

吉野橋(よしのばし)は神奈川県横浜市南区中村川に架かる、鎌倉街道神奈川県道21号横浜鎌倉線)の橋である。

歴史[編集]

大岡川と中村川との分流点近くに位置し、上下各2車線の鎌倉街道を通す。鎌倉街道の地下には横浜市営地下鉄ブルーライン、中村川の直上には首都高速神奈川3号狩場線の高架橋が通る。左岸は南区吉野町五丁目、右岸は同宮元町一丁目となる。

関東大震災の復興事業として1926年大正15年)に架けられたものであり、両岸寄りのコンクリート製のアーチ状の橋台アバット英語版)と中央の鋼製桁橋を組み合わせた「復興式」と称する構造となっている[1]。橋の建設が決まった時点では、まだ吉野町の町名はなく、復興局は「新葭谷橋」の名称を提示。市側は、吉田新田の用水路の取水堰があり、堰大明神が祭られていたことから「元堰橋」の名称を希望した。本橋所在地の新町名案が芳野町、葭谷町を経て吉野町に決まり、地元住民は「吉野橋」の名称を希望。最終的に、これが橋名に採用された[2][3]横浜市電は下流側の共進橋を渡り共進会会場(現在の横浜市立共進中学校)を目指していたが、弘明寺への延伸が決まると、本橋を渡る経路に変更され、昭和40年代まで運行された[2]1991年平成3年)には、同じ中村川の西之橋浦舟水道橋とともにかながわの橋100選に選定された[1]

隣接する橋[編集]

  • 中村川

(大岡川からの分流点) - 葭谷橋 - 吉野橋 - 共進橋 - (下流側)

脚注[編集]

  1. ^ a b 『かながわの橋100選写真集』
  2. ^ a b 『よこはまの橋・人・風土』
  3. ^ 『かながわの橋』

参考文献[編集]

  • 池田尚治 『かながわの橋100選写真集』 神奈川県、1992年、24頁。
  • 関野昌丈 『かながわの橋』 神奈川合同出版 かもめ文庫、1981年11月30日、44頁。
  • 小寺篤 『よこはまの橋・人・風土』 秋山書房、1983年10月8日、94-96頁。