相模川水路橋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
相模原下流側より

相模川水路橋(さがみがわすいろきょう)は神奈川県厚木市上依知と相模原市南区当麻とを結ぶ、相模川に架かる水道専用橋かながわの橋100選に選ばれている。

機能・所在[編集]

相模川水路橋は、神奈川県内広域水道企業団の管理する水道施設である[1]

酒匂川水系三保ダムから取水し、小田原市秦野市を経て厚木市側から送られる水を、対岸の当麻にある相模原ポンプ所に導くためのものであり、この橋の中を日量最大180万トンの水が通過する[2]。水はこののち、相模原浄水場や川崎市の西長沢浄水場などに送られる[1]

橋はさがみ縦貫道路相模原愛川ICのランプウェイ(相模川渡河橋)と国道129号新昭和橋の間を通る。

概要[編集]

  • 1974年昭和49年)建設(同年供用開始)
  • 形式 - アーチ形状 5径間 鋼ランガー橋・鋼箱桁橋(幅3.4m x 高さ3.8m)
  • 橋長 - 873m[1][2]によると630m)

近隣の橋[編集]

(上流)- 小倉橋 - 高田橋 - (さがみ縦貫道) - 相模川水路橋
相模川水路橋 - 新昭和橋 - 昭和橋 - (磯部頭首工) -(下流)

脚注[編集]

  1. ^ a b c 相模原水路橋/相模原ポンプ場、神奈川県内広域水道企業団
  2. ^ a b 相模川水路橋、神奈川県

関連項目[編集]

座標: 北緯35度31分28秒 東経139度21分29.9秒 / 北緯35.52444度 東経139.358306度 / 35.52444; 139.358306