横浜市認定歴史的建造物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
13.ホテルニューグランド本館(中区)
19.エリスマン邸(中区)
25.旧大岡家長屋門(瀬谷区)
29.旧臨港線護岸、30.港一号橋梁(西区、中区)、現在では汽車道として整備されている
36.横浜地方・簡易裁判所(中区)
41.大原隧道(南区)
46.旧横浜市外電話局(横浜都市発展記念館、横浜ユーラシア文化館)
47.横浜税関本関庁舎(中区)
49.ベーリックホール(中区)
55.赤レンガ倉庫(新港埠頭保税倉庫・中区)
60.旧富士銀行横浜支店(中区)

横浜市認定歴史的建造物(よこはましにんていれきしてきけんぞうぶつ)とは、横浜らしい景観をつくりだしている歴史的であるとして認定した建造物である。

概要[編集]

都市の魅力を高める貴重な資源としてまちづくりに積極的に生かすため、横浜市都市整備局都市デザイン室が1988年昭和63年)度に「歴史を生かしたまちづくり要綱[1]」を定めた[2]

歴史的建築物として保全すべき部位とその意匠・材料・色彩及び活用方法等を「保全活用計画」としており、専門家による調査において特に価値があると判断されたもの、専門家及び市民の意見を取り入れて歴史的景観の保全と活用の推進を図ることを目的に設置された「歴史的景観保全委員」の意見及び所有者との協議によって、適切な保全活用計画が作成されたものに対して、認定が行われる[3]

横浜市認定歴史的建造物の一覧[編集]

2018年に2件追加認定され、計93件の建造物が認定されている[4]。特に脚注無き項目は、横浜市が発出した一覧を参照[5]

  1. 損保ジャパン日本興亜横浜馬車道ビル
  2. 横浜指路教会
  3. カトリック山手教会聖堂
  4. 横浜海岸教会
  5. 横浜山手聖公会
  6. 岩田健夫邸
  7. 横浜船渠第二号ドック(ドックヤードガーデン
  8. 旧澤野家長屋門
  9. 横浜第二合同庁舎(旧横浜生糸検査所)
  10. 藤本家住宅旧主屋
  11. 石橋邸
  12. 関東学院中学校旧本館
  13. ホテルニューグランド本館
  14. 綜通横浜ビル
  15. 旧東伏見邦英伯爵別邸(横浜プリンスホテル貴賓館)
  16. 松原邸
  17. 宇田川邸
  18. BEATTY邸
  19. エリスマン邸
  20. ブラフ18番館
  21. 中澤高枝邸
  22. カトリック横浜司教館別館
  23. カトリック横浜司教館(旧相馬永胤邸)
  24. 旧金子家住宅主屋
  25. 旧大岡家長屋門
  26. 旧安西家住宅主屋
  27. 木村家住宅主屋(旧円通寺客殿)
  28. 新川家住宅主屋
  29. 旧臨港線護岸
  30. 港一号橋梁
  31. 港二号橋梁
  32. 港三号橋梁(旧大岡川橋梁)
  33. 長浜ホール(横浜検疫所長浜措置場旧細菌検査室及び旧事務棟)
  34. 旧清水製糸場本館(天王森泉館)
  35. 横浜情報文化センター(旧横浜商工奨励館)
  36. 横浜地方裁判所横浜簡易裁判所
  37. 岡田邸
  38. 山手資料館
  39. 山手234番館
  40. 東隧道
  41. 大原隧道
  42. 浦舟水道橋
  43. せせらぎ公園古民家(旧内野家住宅主屋)
  44. 馬車道大津ビル旧東京海上火災保険ビル)
  45. 旧横浜市外電話局(横浜都市発展記念館横浜ユーラシア文化館
  46. 横浜税関本関庁舎
  47. 旧英国7番館(戸田平和記念館)
  48. ベーリック・ホール
  49. 山手76番館
  50. 中丸家長屋門
  51. 響橋
  52. 昇龍橋
  53. 山手隧道
  54. 赤レンガ倉庫(新港埠頭保税倉庫)
  55. 日産自動車株式会社横浜工場1号館(旧本社ビル)
  56. 旧奥津家長屋門並びに土蔵
  57. 新港橋梁
  58. 東京三菱銀行横浜中央支店
  59. 旧富士銀行横浜支店(元安田銀行横浜支店)
  60. 旧横浜銀行本店別館 (元第一銀行横浜支店)
  61. 伊東医院
  62. 旧ウィトリッヒ邸
  63. 旧居留地消防隊地下貯水槽
  64. 打越橋
  65. 旧横浜松坂屋西館(旧松屋横浜支店[6]
  66. 桜道橋
  67. 霞橋
  68. インド水塔
  69. 谷戸橋
  70. 西之橋
  71. 旧バーナード邸
  72. 山手89-8番館
  73. 平沼専蔵別邸亀甲積擁壁及び煉瓦塀
  74. 二代目横浜駅基礎等遺構
  75. フェリス女学院10号館(旧ライジングサン石油会社社宅)
  76. ストロングビル
  77. 旧灯台寮護岸
  78. 横浜税関遺構 鉄軌道及び転車台(象の鼻パーク内)
  79. インペリアルビル
  80. 慶應義塾大学日吉寄宿舎
  81. 井伊直弼像台座及び水泉(掃部山公園内)
  82. フェリス女学院6号館別館
  83. 河合邸
  84. 旧神奈川県産業組合館
  85. 旧神奈川労働基準局(元日本綿花横浜支店倉庫)
  86. 山手26番館
  87. 霞橋(旧江ヶ崎跨線橋)
  88. 旧横浜生糸検査所附属生糸絹物専用倉庫(旧帝蚕倉庫)[3]
  89. 鈴木家長屋門
  90. 田邊家住宅(日吉の森庭園美術館
  91. 俣野別邸
  92. 旧市原重治郎邸
  93. 中山恒三郎家店蔵及び書院

過去に認定されていた建造物[編集]

日本ビクター第一工場ファサード(神奈川区)
  1. 横浜松坂屋(旧野澤屋) - 再開発計画に伴い、2010年3月15日認定解除[7]
  2. 日本ビクター第一工場ファサード - 工場売却に伴う解体のため、2010年12月15日に認定解除を申出[8]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 歴史を生かしたまちづくり要綱”. 横浜市. 2018年9月8日閲覧。
  2. ^ 「歴史を生かしたまちづくり要綱」のあらまし (PDF)”. 横浜市 都市整備局 都市デザイン室(歴史を生かしたまちづくり担当). 2018年9月8日閲覧。
  3. ^ a b 横浜市の歴史的建造物を新たに1件認定”. 横浜市都市整備局都市デザイン室 (2014年3月28日). 2018年9月8日閲覧。
  4. ^ 歴史を生かしたまちづくり”. 横浜市. 2018年9月8日閲覧。
  5. ^ 歴史を生かしたまちづくり 横浜市認定歴史的建造物 一覧”. 横浜市. 2018年9月8日閲覧。
  6. ^ 甦る建築27 エクセル伊勢佐木(旧横浜松坂屋西館)」『東京ガス 建築環境デザインコンペティション』。
  7. ^ 象の鼻の土木産業遺構1件を横浜市歴史的建造物として認定します”. 2018年9月8日閲覧。
  8. ^ 横浜市認定歴史的建造物「日本ビクター第一工場ファサード」の認定解除について” (2010年12月15日). 2018年9月8日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]