吉田直輔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
吉田直輔
基本情報
本名 吉田直輔
通称 ヨシロック
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1978-05-06) 1978年5月6日(43歳)
出身地 青森県三沢市
所属 和術慧舟會A-3
身長 174㎝
体重 76㎏
階級 ウェルター級
バックボーン レスリング
テンプレートを表示

吉田 直輔(よしだ ただすけ、1978年5月6日 - )は、日本の男性総合格闘家。現在はパーソナルトレーナー。青森県三沢市出身。パーソナルジムYOSHIDA GYM 主宰。元自衛隊体育学校レスリング班所属、元和術慧舟會A-3所属。

レスリングで培ったテイクダウンを得意とし、馬乗りからのパウンドを得意とする。リングネームは「ヨシロックT」。勝ち負けすべてでKO、TKO、一本という判定無しの戦いが特徴。

来歴[編集]

小学校は野球、中学から柔道、高校1年生の秋からレスリングを始める。社会人では自衛隊体育学校レスリング班に所属。和術慧舟會A-3総合格闘技を始めた。

2000年12月23日、レスリング全日本選手権(男子グレコローマン)4位。

2005年2月13日、パンクラスゲート×2で秋山裕宏と対戦し、1R肩固めで一本勝ち、12月23日、潮田健志と対戦し、1R腕ひしぎ十字固めで一本勝ち、2006年8月13日、平野厚雄と対戦し、2Rアームロックで一本勝ち、パンクラスゲート×2で3連勝を収めた。

2006年10月25日、パンクラスゲートで市川ランデルマンと対戦し2R腕ひしぎ十字固めで一本勝ち、プロデビューへ繋いだ。

2006年12月2日、パンクラス和田拓也を相手にプロデビュー。1Rチョークスリーパーで一本負け。

2007年2月28日、パンクラス小路伸亮[1]と対戦し、2R膝蹴りでKO勝ち。

2007年5月6日、パンクラス第13回『ネオブラッド・トーナメント』ウェルター級準決勝でTOSHI[2]と対戦し、1RマウントパンチでTKO勝ち。7月27日、決勝戦で高田谷悟と対戦し、1RパウンドでTKO勝ち。ネオブラッド・トーナメント優勝、MVP[3][4][5]を受賞した。

現役引退後はパーソナルトレーニングジムを経営し、郷ひろみの専属トレーナーとしてサポート。キックボクサーの山内佑太朗郷州征宜総合格闘家井上学のフィジカルトレーナーを行っていた。

2010年パーソナルトレーナーとしてNEXTトレーナーオブザイヤーMVP[6]を受賞した。

2015年8月23日、東京ボディビル選手権大会、第一回男子フィジークに出場し2位となった。

TV・CM出演[編集]

2006年4月12日、アサヒ飲料「WANDA100年BLACK」のCМにボクサー役で出演。[7]

2020年7月1日、郷ひろみのパーソナルトレーナーとして「ホンマでっか!?TV」に出演。[8]

2020年10月9日、郷ひろみのパーソナルトレーナーとして「中居正広のキンスマスペシャル」に出演。[9]

学会発表[編集]

2020年1月11日、第54回日本成人病(生活習慣病)学会学術集会で、「医療連携型ホームフィットネスによる生活習慣病改善の取り組み」をテーマに発表した。[10]

戦績[編集]

プロ総合格闘技[編集]

総合格闘技 戦績
4 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
3 3 0 0 0 0 0
1 1 1 0 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
高田谷悟 1R 3:12 TKO パウンド パンクラス 決勝戦 2007.07.27
TOSHI 1R 3:11 TKO マウントパンチ パンクラス 準決勝 2007.05.06
小路伸亮 2R 2:06 KO 膝蹴り パンクラス 2007.02.28
× 和田拓也 1R 4:22 チョークスリーパー パンクラス 2007.07.27

アマチュア総合格闘技[編集]

勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
市川ランデルマン 2R 0:41 腕ひしぎ十字固め パンクラス 2006.10.25
平野厚雄 2R 0:50 アームロック パンクラスゲート×2 2006.08.13
潮田健志 1R 1:16 腕ひしぎ十字固め パンクラスゲート×2 2005.12.23
秋山裕宏 1R 2:46 肩固め パンクラスゲート×2 2005.02.13

獲得タイトル[編集]

パンクラス第13回ネオブラッド・トーナメント ウェルター級 優勝 MVP(2007年)

脚注[編集]

外部リンク[編集]