吉村医院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Japanese Map symbol (Hospital) w.svg 吉村医院
Yoshimura-Clinic-2.jpg
情報
標榜診療科 産婦人科
開設者 吉村正(前院長)
管理者 田中寧子(院長)
所在地
444-0834
愛知県岡崎市柱町字東荒子123番地
位置 北緯34度55分22.5秒
東経137度9分37.1秒
特記事項 愛知県の医療情報提供システムであるあいち医療情報ネットへの登録あり。
PJ 医療機関
テンプレートを表示

吉村医院(よしむらいいん)は、愛知県岡崎市にある14床の有床診療所である。

自然分娩を目標とし、現代の産科医療に協調しながら、予防医学的な診療方針をとっている。妊婦が散歩、スクワット、拭き掃除などで体力を維持して出産に備える[1]

昔ながらの労働をして、自らの手や足を動かし、心を整えて、難産を防ぐこと、産前ケアが特徴。前院長の時代の出産データ(2004~2006年)によれば分娩数 910件、うち吸引分娩 0.7%、搬送率 6%と他院への高率な搬送が発生していた。なお、全分娩件数のうち帝王切開率3.4%(吉村医院では帝王切開を実施せず、搬送先での実施率)であった[2]

院長[編集]

  • 田中寧子(たなかやすこ)

前院長[編集]

歴史[編集]

  • 1961年 - 吉村医院を開院。吉村院長29歳。
  • 2014年 - 新院長に継承。

施設[編集]

「自然なお産」「幸せなお産」そして「納得のいくお産」「その人らしいお産」[編集]

この診療所の特徴は、医療介入を予防する形で最低限にして家族・仲間・医療連携と共に「なるべく自然なお産」を行っていることである。

状況により帝王切開が必要な場合は母子は他施設へ搬送される。搬送率は約10%。予防医学的産科医療。

吉村医院の謳う「自然なお産」は、本来は自院で負うべきリスクを現代的な高次医療施設に協力得ながら成立するので、その危険性や無責任さを指摘する医療関係者からの批判もある。

関連書籍・放送[編集]

関連作品[編集]

  • ドキュメンタリー映画『玄牝-げんぴん-』 河瀬直美監督、2010年。

脚注[編集]

外部リンク[編集]