各務支考

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

各務 支考(かがみ しこう、寛文5年(1665年) - 享保16年2月7日(1731年3月14日))は、江戸時代前期の俳諧師蕉門十哲の一人。村瀬吉三郎の子。別号に東華房西華房獅子庵などがある。美濃国山県郡北野村西山(現在の岐阜市)出身。

幼少より俳才を発揮し、元禄のころに松尾芭蕉の門下に入る。森川許六とともに論客と知られたが、性格は利己主義的だとして悪評もあった。後年、美濃派の育成に努めた。著書は『笈日記』・『俳諧十論』・『葛の松原』など多数。

生涯[編集]

幼少の頃父を失い、禅刹大智寺に小僧として預けられると、姉の嫁ぎ先 各務甚平の養子となった。

19歳の頃、還俗して京都伊勢で和漢の学問を修めたのち、26歳にして蕉門に入り、2年後に処女作『葛の松原』を発表。30歳のとき、芭蕉の『続猿蓑』の編集に加わるがその数ヶ月後、芭蕉が病没する。このとき芭蕉の遺書を代筆している。

その後、伊賀伊勢近江江戸などを巡って芭蕉の遺吟・遺文を集めて『笈日記』を著している。伊勢山田に草庵(十一庵)を結び拠点としている。『伊勢新百韻』を刊行したころから支考独自の作風が確立された。その後、九州中国四国北陸など各地を精力的に旅し、句集や俳論などを盛んに出版。また多くの弟子を育成していく。享保4年(1719年)に加賀千代女に会い才能を認めた。

還暦頃に伊勢を去り、故郷北野村に戻り獅子庵を終の住み処とする。65歳で蘆元坊を後継とした。この2年後に眠るように息を引き取る。享年67。死の直前まで執筆を続けており、『論語先後鈔』が絶筆となる。生涯を俳諧と旅に捧げた。

大智寺に生前、自ら建てた墓に葬られた。墓碑銘は「梅花佛」。

蘆元坊によって支考の追善集『文星観』が刊行されている。

別号一覧[編集]

  • 盤子
  • 野盤子
  • 見龍
  • 東華坊
  • 西華坊
  • 蓮二
  • 蓮二坊
  • 十一庵
  • 獅子庵
  • 獅子房
  • 獅子老人
  • 渡辺ノ狂
  • 白狂
  • 羚羊子
  • 是仏房
  • 瑟々庵
  • 万寸
  • 饅丁
  • 華表人
  • 羶乙子
  • 表蝶子
  • 博望士
  • 烏有仙
  • 黄山老人
  • 坊主仁平
  • 佐渡入道
  • 霊乙
  • 橘尼子
  • 桃花仙
  • 松尊者竹羅漢
  • 卉名連

編著[編集]

  • 『葛の松原』(処女作)
  • 『芭蕉翁追善之日記』
  • 『笈日記』
  • 『梟日記』
  • 『続五論』
  • 『西華集』
  • 『東華集』
  • 『帰花』
  • 『そこの花』
  • 『東西夜話』(元禄14年)
  • 『玉まつり』
  • 『草刈笛』牧童と共編
  • 『霜のひかり』編
  • 『夜話くるひ』
  • 『白陀羅尼』
  • 『三疋猿』
  • 『俳諧一巻伝』
  • 『国の花』
  • 『すの字』
  • 『三日歌仙』
  • 『東山万句』
  • 『家見舞』
  • 『南無俳諧』
  • 『越の名残』
  • 『夏衣』
  • 『白扇集』
  • 『東山墨なをし』
  • 『山中三笑』
  • 『阿誰話』
  • 『つれづれの讃』
  • 『碑銘秘註』
  • 『発願文』
  • 『本朝文鑑』
  • 『俳諧十論』
  • 『新撰大和詞』
  • 『伊勢新百韻』
岩田涼菟中川乙由共編
  • 『三千化』
  • 『蓮の葉風』
  • 『桃の首途』
  • 『芭蕉庵三日月日記』
  • 『野盤子考』
  • 『梅十論』
  • 『和漢文操』
  • 『俳諧金花伝』
  • 『潅頂伝』
  • 『三鳥伝』
  • 『白馬伝』
  • 『茶話禅』
  • 『一字録』
  • 『六一経』
  • 『和漢百花賦』
  • 『俳諧古今抄』
  • 『難陳二百韻』
  • 『口状(露川責)』
  • 『十論為弁抄』
  • 『削りかけの返事』
  • 『論語先後鈔』
  • 『芭蕉翁廿五箇条』
  • 『古今集俳諧歌解』
  • 『仮名遣捷径』
  • 『俳諧廿五箇条注解』

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

関連項目[編集]