堀切実

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

堀切 実(ほりきり みのる、1934年1月13日[1] - )は、日本国文学者早稲田大学名誉教授

人物[編集]

東京府生まれ。早稲田大学大学院博士課程満期退学

フェリス女学院大学助教授を経て、1980年早稲田大学教育学部教授。1984年、「蕉風俳論の研究 支考を中心に」で、文学博士(早稲田大学)の学位を取得[2]。2003年、定年退任、名誉教授。近世俳文学、とりわけ松尾芭蕉井原西鶴が専門。ゼミ出身者にマブソン青眼高柳克弘など。

著書[編集]

編著[編集]

  • 『『おくのほそ道』と古典教育』編 学文社 早稲田教育叢書 1998
  • 『『おくのほそ道』解釈事典 諸説一覧』編 東京堂出版 2003
  • 『近世文学研究の新展開 俳諧と小説』編 ぺりかん社 2004
  • 金子みすゞ再発見 新しい詩人像を求めて』木原豊美共著.勉誠出版, 2014

校訂など[編集]

参考文献[編集]

  • 堀切実教授 略歴・業績 早稲田大学教育学部学術研究 2003

出典・脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.342
  2. ^ 蕉風俳論の研究 : 支考を中心に 堀切実”. 国立国会図書館. 2012年12月27日閲覧。

外部リンク[編集]