古屋健三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

古屋 健三(ふるや けんぞう、1936年4月8日 - )は、日本のフランス文学者文芸評論家作家慶應義塾大学名誉教授。東京生まれ。慶應義塾大学文学部仏文科卒。フランス留学ののち慶大教授を長く勤め、そのかたわら文芸評論家として主として内向の世代の作家を論じた。60歳になるまで著書を出さない方針だったが、それ以後は旺盛な執筆活動に入り、2002年からは小説も書いた。「三田文学」編集長も務めた。

著書[編集]

  • 『「内向の世代」論』慶應義塾大学出版会 1998
  • 永井荷風冬との出会い』朝日新聞社 1999
  • 『青春という亡霊 近代文学の中の青年 日本放送出版協会 2001(NHKブックス)

共編[編集]

  • 『19世紀フランス文学事典』小潟昭夫 慶應義塾大学出版会 2000

翻訳[編集]

小説[編集]

  • 柱時計 『三田文学』2002年5月
  • 虹の記憶 『文學界』2002年10月
  • 仮の宿 『三田文学』2005年秋季
  • 老愛小説 『文學界』2008年8月

参考[編集]

  • 『文藝年鑑』2006