原田明 (分析化学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

原田 明(はらた あきら、1949年 - )は分析化学者工学博士。2003年12月より九州大学総合理工学研究院エネルギー物質科学部門分子物性計測学講座教授

長野県茅野市出身。長野県諏訪清陵高等学校を経て東京大学工学部を卒業したのち、同大学院工学系研究科修士課程博士課程を修了。1990年東京大学工学博士 「光熱変換過程を利用する新計測法の関発研究 」。日本学術振興会特別研究員を経た後、1990年8月より東京大学で助手に就任。1997年5月より九州大学助教授となったのち教授へ昇進した。

研究分野[編集]

レーザー応用分光学分析化学物理化学の観点から以下のテーマについて研究活動を行っている。

  • 分光学的計測法による化学反応の超高感度分析法
  • 太陽光エネルギー利用などに関わる新素材の開発
  • 生細胞を対象とした生命現象の解析

所属学会[編集]

  • 日本化学会
  • 日本分析化学会
  • 応用物理学会
  • 日本表面科学会
  • 日本分光学会
  • 日本放射線化学会
  • 分子科学会
  • アメリカ化学会