原田敬一 (歴史学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

原田 敬一(はらだ けいいち、1948年5月2日 - )は、日本の歴史学者、佛教大学教授。専門は日本近現代史・都市史・軍事史。

略歴[編集]

岡山県岡山市内山下で生まれ、大阪府豊中市で育つ。1982年大阪大学大学院文学研究科博士後期課程単位取得満期退学。1996年同大学から博士(文学)を授与される。佛教大学文学部史学科助教授を経て教授(2010~2012は歴史学部歴史文化学科教授、2013からは同歴史学科教授)。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『日本近代都市史研究』(思文閣出版、1997年)
  • 『国民軍の神話―兵士になるということ』ニューヒストリー近代日本4(吉川弘文館、2001年)
  • 『帝国議会 誕生』(文英堂、2006年)
  • 『シリーズ日本近現代史3 日清・日露戦争』(岩波書店岩波新書]、2007年)
  • 『日清戦争』戦争の日本史19(吉川弘文館、2008年)
  • 『「坂の上の雲」と日本近現代史』(新日本出版社、2011年)
  • 『兵士はどこへ行った 軍用墓地と国民国家』(有志舎、2013年)
  • 『「戦争」の終わらせ方』(新日本出版社、2015年)

編著[編集]

  • 『幕末・維新を考える』佛教大学鷹陵文化叢書2(思文閣出版、2000年)

共編[編集]

  • 大谷正)『日清戦争の社会史―「文明戦争」と民衆』(フォーラム・A、1994年)
  • 水野直樹)『歴史教科書の可能性―「つくる会」史観を超えて』(青木書店、2002年)
  • 『仏教と平和』(思文閣出版、2011年)
  • 『植民地朝鮮の日常を問う』(思文閣出版、2012年)

外部リンク[編集]