原宿将棋通り

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

原宿将棋通り(はらじゅくしょうぎどおり)とは、将棋女流棋士4名からなるボーカルユニット。作詞家兼プロデューサーの松本一起の企画で2001年に結成し、2002年3月3日にWeWeC RECORDSよりデビューした。亀戸サンストリートでデビューイベントを行った[1]が、これ以降本格的なツアーやテレビ出演などは行っていない。 奇しくもメンバー全員がNHK杯テレビ将棋トーナメントの聞き手を務めることになった。

2017年6月時点で、メンバーのうち中倉彰子が現役引退して普及活動に力を入れる傍ら、清水市代日本将棋連盟常務理事(2017年5月~)、山田久美日本将棋連盟女流棋士会会長(2017年6月~)、中倉宏美日本女子プロ将棋協会代表理事(2014年2月~)とそれぞれ女流棋界の重要ポストを担っている。

メンバー[編集]

段位は当時のもの。

シングル[編集]

  • 「言って/ふ、ふ、ふっ」(2002年3月3日、WeWeC RECORDS、WWC-0002)
  1. 言って(作詞:松本一起、作曲・編曲:池間史規
    • この曲名は将棋の一手とかけたもの[1]
  2. ふ、ふ、ふっ(作詞:松本一起、作曲・編曲:池間史規)

脚注[編集]