厚生新編

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

厚生新編(こうせいしんぺん)は、フランスの『家事百科辞典』のオランダ語訳本の日本語訳書。江戸幕府蕃書和解御用により翻訳された。

文化8年(1811年)3月、将軍徳川家斉の命により、江戸幕府浅草暦局内に蕃書和解御用という翻訳局を設け、蘭学者を動員して、フランス人ショメールによる百科事典『家事百科辞典』をシャルモがオランダ語訳した "Huishoudelijk Woordenboek" を日本語に重訳させた。この百科事典は蘭学者に重宝され、かなり輸入されたらしく、版によって7巻、8巻、16巻のものなどが残るが、幕府が翻訳させたのは1778年の7冊本であろうという。翻訳に当たったのは馬場貞由大槻玄沢を主として、宇田川玄真大槻玄幹宇田川榕庵小関三英湊長安の7人で、いずれも一流の蘭学者であった。翻訳は文化8年から天保11年(1840年)まで約30年にわたっておこなわれ、訳稿は『厚生新編』として成るにしたがって幕府に献上され、70巻におよんだ。

翻訳は幕府の蕃書調所開成所をへて、明治元年(1868年)に徳川将軍家静岡にうつされると駿府学問所に移り、静岡学校を経て静岡県立葵文庫[1]に伝わったが、昭和12年(1937年)に同文庫から出版された。翻訳は原書の日常生活関係の項目を選んで行ったらしく、初めから始めて S の部あたりで中止され、未完成である。

ガス」「アルカリ」など、この書物から使われ始めて日本語に定着したとされる言葉も多い。