ノエル・ショメル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ノエル・ショメル(Noël Chomel、1633年11月3日 - 1712年10月30日)は、フランス著述家司祭である。『日用百科辞典』(Dictionnaire œconomique:『家事百科辞典』とも)の著者である。シャルモ(Jacques Alexandre de Chalmot)が蘭訳した、オランダ語の『 Huishoudelijk Woordenboek 』から馬場貞由大槻玄沢が邦訳したものが、『厚生新編』となった他、蘭訳本は日本に多く輸入され、蘭学者に重用された本の1つである。

ガナ(Gannat)で生まれた。サン=シュルピス教会神学校に入り、ヴァンセンヌの森​​近くの邸園の管理を行い、農学に興味を持ち、ルイ14世庭師ラ・カンティニ(Jean-Baptiste de La Quintinie)から農学の知識を学んだ。

Saint-Vincentの教区司祭としてリヨンに送られたが、1670年代には司祭の職をしりぞき、余暇に執筆した、百科辞典『日用百科辞典』は76歳の時に第1版が刊行された。

『日用百科辞典』は健康の保持法や引退生活の送り方、いろいろな魚の捕獲法や園芸農業に関する秘訣や植物知識石鹸デンプンの製造法、紡績の方法などが書かれ、項目はアルファベット順に配置された。

何度か、タイトル変更、改訂が行われ、1718年と1777年に再刊され、ドイツ語、オランダ語、英語に翻訳された。

『日用百科辞典』の画像[編集]

参考文献[編集]

  • Certaines sources le font naître à Paris ou à Lyon. Gannat est donné par Jean-Pierre Gutton dans * Les Lyonnais dans l'histoire, Privat, Toulouse, 1985.
  • Le Journal des sçavans, XLII, p. 657, 1718.
  • Le texte du premier volume de l'édition de 1767, lettres A-E, est consultable sur Gallica archive.
  • Préface à l'édition de 1767, p. iv.
  • Page 783. Orthographe modernisée.
  • Page 198. Orthographe modernisée.

外部リンク[編集]