厚木勝基

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

厚木 勝基(あつぎ かつもと、1887年明治20年〉3月4日 - 1959年昭和34年〉12月8日)は、日本工業化学者工学博士工業化学会会長、東京帝国大学教授

略歴[編集]

受賞歴[編集]

出版物[編集]

著書
  • 1927年 - 『人造絹糸』 丸善
  • 1929年 - 『繊維素化学工業』 共立社
  • 1930年 - 『人造絹糸及びセルロイド』 三省堂
  • 1930年 - 『パルプ及紙』 丸善
  • 1937年 - 『人絹・ステープルファイバー・パルプ最近の進歩を語る』 帝国人造絹糸株式会社調査室(編) 帝国人造絹糸
  • 1941年 - 『化学工業通論』 丸善
  • 1944年 - 『木材の化学及化学的応用』 誠文堂新光社
  • 1949年 - 『紡織繊維学. 各論』 裳華房
  • 1956年 - 『繊維素化学及工業』 丸善
共著
  • 1928年 - 『児童物理化学物語』 興文社
共編
  • 1949年 - 『最近工業化学辞典』 丸善出版

親族[編集]

参考資料[編集]

  • 『昭和人名事典』 日本図書センター

脚注[編集]

  1. ^ 博士論文書誌データベース