瀬川昌世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

瀬川 昌世(せがわ まさよ、明治17年(1884年) - 昭和37年(1961年12月)は、日本医学者小児科医医学博士、瀬川小児病院 第2代院長、社団法人日本陶磁協会 理事。小児科の権威として知られる。

略歴[編集]

著作物[編集]

著書[編集]

  • 1914年(大正3年) - 『実扶垤里及格魯布』 吐鳳堂書店
  • 1921年(大正10年) - 『冬と子供』 内務省衛生局
  • 1935年(昭和10年) - 『茶入考』 (『陶器講座・第7巻』 雄山閣 に収録)
  • 1936年(昭和11年) - 『茶味雑話』 (『星岡 第六十四号』 星岡窯研究所 に収録)

編纂[編集]

  • 1933年(昭和8年) - 『茶の湯釜』 瀬川昌耆(著)

写真集[編集]

  • 『瀬川邸の四季』

家族親族[編集]

  • 父:瀬川昌耆 - 医学博士、瀬川小児科病院初代院長
  • 母 瀬川寿々 - 工学博士厚木勝基 叔母
  • 義父:古市公威 - 男爵・工学博士
  • 弟:瀬川昌邦 - 全国無線工事業連盟会長
  • 妹:瀬川順子 - 小池正晁(男爵・医学博士)妻
  • 娘婿:瀬川功 - 医学博士、瀬川小児科病院3代院長
    • 孫:瀬川昌也 - 医学博士、瀬川小児神経学クリニック院長
    • 孫:瀬川昌威 - (株)美味と健康 顧問
    • 孫:瀬川昌輝 - (株)昌平不動産総合研究所 社長

外部リンク[編集]