南極の経済

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

沿岸の漁業南極を拠点としない小規模な観光を除き、南極の経済活動は無い。南極ドルという記念品がアメリカ合衆国カナダで売られているが、法定通貨ではない。

漁業[編集]

1998年7月から1999年1月末までの南極の水揚げ量は、およそ11万9898トンである。規制されていない漁業の水揚げ量は、規制された漁獲権の5 - 6倍多い。さらに、伝えられるところでは1998年、南極近海で違法漁業があり、(フランスオーストラリアが)最低でも8艘の漁船を押収した。南極海#資源も参照。

観光[編集]

小規模な観光は1950年代からあった。1969年以降、3万人以上の観光客が南極を訪れた[1]。1998年から1999年の間の夏は、計1万13人の観光客が訪れた。そのほとんどは16隻の商業用(政府用ではない)の船と、夏の間合わせて116回も航行した何艘かのヨットでやってきた。殆どの観光客はおよそ2週間旅をした。

2010年現在は、南極特有の絶景を見に来た観光客を乗せた船が何隻か訪れる。また、オーストラリアを飛び立って南極に着陸せず帰る観光飛行もある。なお、1979年に起きたニュージーランド航空901便エレバス山墜落事故以後、ニュージーランドからの同様の観光飛行は無かった。

観測基地[編集]

およそ30ヶ国が、合計およそ70の南極観測基地を持っている。そのうちおよそ40は恒久的、およそ30は夏季限定の基地である。人口は、夏はおよそ4000人、冬はおよそ1000人である。

出典[編集]

  1. ^ アーカイブされたコピー”. 2005年2月14日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2006年2月5日閲覧。

関連項目[編集]