エルスワースランド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
南極地図。Ellsworth Landは図の左方に記されている。

エルスワースランド英語: Ellsworth Land)は、南極にある地域の名称。南極大陸の西部(西南極)、南極半島の付け根にあたる地域にある。

地名は、1935年にこの地域を飛行船で横断したアメリカ合衆国探検家リンカーン・エルズワースに因む[1]

地理[編集]

西はマリーバードランドに接し、北はベリングスハウゼン海に面する。北東は南極半島の付け根となっており、パーマーランドと接する。また、東はロンネ棚氷の西端に接している[1]

アメリカ地質調査所(USGS)の地名情報システム(GNIS)によれば、パーマーランド(南極半島)との境界は、東海岸側のCape Adamsと、西海岸側のEklund Islands対岸とを結んだ線である[2]

地勢[編集]

地形は全般に氷で覆われた高地であるが、東部のエルスワース山脈のほか、Hudson Mountains, Jones Mountains, Behrendt Mountains, Merrick Mountains, Sweeney Mountains, Scaife Mountains など、幾つかの山地も見られる[1]

沿岸にはエイツ・コースト(Eights Coast)等がある。

2014年までの調査で、氷床の下に最大3キロ、幅25キロ以上に及ぶグランドキャニオンより深い峡谷地溝)の存在が発見されている[3]

歴史・名称[編集]

1935年11月から12月にかけて、Dundee Island南極半島先端部)からロス棚氷への飛行船による横断飛行を行った アメリカ合衆国探検家リンカーン・エルズワースは、この地域の中央部を飛行した[1]

1962年、Advisory Committee on Antarctic Names (US-ACAN)が、エルズワースの偉業を記念して、この地域にEllsworth Landと命名した[1]

脚注[編集]

外部リンク[編集]

座標: 南緯75度30分 西経80度00分 / 南緯75.500度 西経80.000度 / -75.500; -80.000