南千住浄水場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
南千住浄水場
Minami-Senju Purification Plant
所在地 東京都荒川区南千住6丁目39番19号
管理運営 東京都水道局
通水 1964年8月15日
廃止 1997年3月31日
処理方式 急速濾過
通常ろ過水量 138,000m3/日
敷地面積 19,704m2
給水区域 江東区墨田区荒川区の全部、足立区江戸川区の一部

南千住浄水場(みなみせんじゅじょうすいじょう、英称 Minami-Sunamachi Purification Plant)は、東京都荒川区にあった東京都水道局浄水場である。

概要[編集]

工業用水道の浄水場として1964年(昭和39年)8月15日に竣工した浄水場。 原水は東京都下水道局三河島水再生センターの下水処理水であり、急速ろ過のうえ、ろ過水は江東区墨田区荒川区の全部、足立区江戸川区の一部に送水していた。 施設解体後、跡地には荒川給水管理所が建設された。

沿革[編集]

特徴[編集]

導水ポンプ[編集]

高速凝集沈でん池[編集]

円形スラリー循環型が4池あり、1池当たりの処理能力は標準で39,600m³/日から最大で47,500m³/日であり、1池当たりの池内容積は3,008m³、分離面積は505m²、上昇流速55~65mm/分である。

急速ろ過池[編集]

重力開放型ホイラー式で12池あり、1池内法長9.2m、幅12.0m、深さ4.6m、1池当たりのろ過面積は96m²、ろ過速度は150m/日、洗浄方式は逆洗浄(逆洗)及び回転式表面洗浄(表洗)装置であった。これら12池のろ過池は、管廊を挟み6池ずつ両側に並列配置としていた。

配水池[編集]

配水ポンプ[編集]

汚泥濃縮槽[編集]

アクセス方法[編集]

周辺情報[編集]

関連項目[編集]