千葉市地方卸売市場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
千葉市地方卸売市場
Chiba City Local Wholesale Market
店舗概要
所在地 261-0003
千葉県千葉市美浜区高浜2丁目2番1号
座標 北緯35度36分54秒 東経140度4分12秒 / 北緯35.61500度 東経140.07000度 / 35.61500; 140.07000座標: 北緯35度36分54秒 東経140度4分12秒 / 北緯35.61500度 東経140.07000度 / 35.61500; 140.07000
開業日 1961年7月
正式名称 千葉市地方卸売市場
建物名称 千葉市地方卸売市場
施設管理者 千葉市
敷地面積 190,350㎡ m²
商業施設面積 74,170㎡(建物面積) m²
店舗数 <水産部>卸会社2社、仲卸業者39社
<青果部>卸会社1社、仲卸業者12社
駐車台数 実用2,228台台
最寄駅 稲毛海岸駅
最寄IC E51東関東自動車道 湾岸千葉IC
E14Japanese National Route Sign 0014.svg国道14号京葉道路穴川IC
外部リンク 千葉市:千葉市地方卸売市場をご案内します

千葉市地方卸売市場(ちばしちほうおろしうりしじょう)は、千葉市が設置している地方卸売市場。2014年3月までは千葉県内に2つ存在した中央卸売市場の一つ[1]。敷地面積190,350平方メートル、建物延べ面積74,170平方メートル。

歴史[編集]

千葉市中央卸売市場は1961年(昭和36年)7月、全国18番目の中央卸売市場として開設。 開設当初は市内問屋町に位置していた。 1979年に現在の新市場が建設され、同年10月に青果部、翌1980年11月に水産部が業務を開始。

農林水産省の第9次卸売市場整備基本方針の再編基準に水産物部が該当したことから関係各方面と協議を重ねた結果、青果部と共に地方卸売市場に転換を決定。県知事許可の上で2014年4月1日より地方卸売市場に転換[2]

市場関係業者[編集]

※業者数は2016年(平成28年)4月現在[3]

青果部[編集]

  • 卸売業者
    • 千葉青果株式会社
  • 仲卸業者
    • 12社
  • 売買参加者
    • 255社(者)

水産物部[編集]

  • 卸売業者
    • 千葉魚類株式会社(東都水産連結子会社)
    • 千葉中央魚類株式会社(中央魚類グループ会社)
  • 仲卸業者
    • 39社
  • 売買参加者
    • 4社(者)

関連事業者[編集]

  • 第1種(加工食料品等)
    • 30社
  • 第2種(食堂等)
    • 14社

その他[編集]

敷地内に「千葉中央市場内郵便局」がある。2014年の地方卸売市場転換後も郵便局の名称は変更されていない。

注記[編集]

  1. ^ もう一方は船橋市中央卸売市場(現在の船橋市地方卸売市場)
  2. ^ “『9中央市場を地方市場化 農水省、独自戦略可能に 千葉市や船橋市など』”. 千葉日報. (2013年3月28日). http://www.chibanippo.co.jp/news/economics/129583 2017年7月17日閲覧。 
  3. ^ 市場概要 (PDF, 1437KB) - 千葉市:行政情報

関連項目[編集]

外部リンク[編集]