千石英世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

千石 英世(せんごく ひでよ、1949年3月3日 - )は、日本のアメリカ文学者、文芸評論家立教大学名誉教授、京都産業大学客員教授。

大阪府出身。1972年東京教育大学文学部アメリカ文学科卒業、1975年東京都立大学大学院英文学専攻修士課程修了、同助手、1977年明治大学専任講師、1980年助教授、1981年東京都立大学英文学科助教授、1992年立教大学文学部英米文学科教授、同文芸・思想専修教授、2014年定年退任、名誉教授。1983年「ファルスの複層-小島信夫論」で第26回群像新人賞評論部門受賞(当初は筆名板倉洋を使ったが、発表時に本名に戻す)。以後、アメリカ文学の研究、特にメルヴィル白鯨』の翻訳のほか、文藝評論でも活躍。村上春樹を批判的に論じた「アイロンをかける青年」もある。親交のある福間健二の映画にいくつか出演している。

著書[編集]

  • 『小島信夫―ファルスの複層』(小沢書店 1988年)
  • 『白い鯨のなかへ―メルヴィルの世界』(南雲堂 1990年)
  • 『アイロンをかける青年-村上春樹とアメリカ』(彩流社 1991年)
  • 『異性文学論 愛があるのに』(ミネルヴァ書房 2004年)
  • 『小島信夫 暗示の文学、鼓舞する寓話』(彩流社 2006年)
  • 『9・11/夢見る国のナイトメア 戦争・アメリカ・翻訳』(彩流社 2008年)
  • 『【増補版】白い鯨のなかへーメルヴィルの世界』(彩流社 2015年)※『白鯨』論、『マーディ』論、『クラレル』論など旧版より6篇増補。

共著・編纂[編集]

  • 名作はこのように始まる 2(中村邦生共編著 ミネルヴァ書房 2008年)
  • 名作は隠れている(千葉一幹共編著 ミネルヴァ書房 2009年)
  • 未完の小島信夫(中村邦生共著 水声社 2009年)
  • 小島信夫批評集成(全8巻 中村邦生、山崎勉共編 水声社 2010年-2011年)

翻訳[編集]