千葉一幹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

千葉 一幹(ちば かずみき、1961年5月19日 - )は、日本の文芸評論家大東文化大学教授。

三重県生まれ。三重県立桑名高等学校[1]、1984年東京大学文学部仏文科卒、1986年同大学院比較文学比較文化修士課程修了、博士課程中退、1992年東北芸術工科大学講師、1995年「森鴎外の場所」で群像新人文学賞受賞。96助教授、2005年拓殖大学商学部教授、2014年大東文化大学文学部教授。2015年『宮沢賢治』で島田謹二記念学藝賞受賞。

著書[編集]

共編著[編集]

  • 『名作はこのように始まる 1』芳川泰久共編著 ミネルヴァ書房 2008
  • 『名作は隠れている』千石英世共編 ミネルヴァ書房 2009

脚注[編集]

  1. ^ 『週刊朝日』東大合格者高校別一覧

外部リンク[編集]