千田浩之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

千田浩之(せんだ ひろゆき)は、日本漫画家男性

略歴[編集]

  • 2013年 - 読切「放課後混声合唱団」を『月刊コミックゼノン』2013年9月号掲載。第18回マンガオーディション準優秀賞受賞[1]
  • 2015年 - 「死体見学」を個人HPにて13.5話まで配信(同年9月17日-2016年4月12日)。翌年『あしたのヤングジャンプ』ほか漫画配信サイトにてウェブ配信。翌々年には電子書籍化を果たす。
  • 2016年 - 「死体見学」「終末のブルーモーメント」がモーツー × ITAN 即日新人賞その5 in コミティア117の最終選考作まで上る[2]
  • 2018年 - Twitter漫画「ウミちゃんとロボちゃん」にて第1回くらツイ漫画賞にエントリー、推しツイ賞受賞[3]

人物[編集]

個人で創作活動を行いながらアシスタントを勤める。町田・デザイン専門学校まんが科卒業。 2009年頃には既に漫画を描き始めており、アシスタントもその頃から始めた[4]

青戸成と同じ漫画家の元でのアシスタントも経験している[5]。既婚者[6]

多摩川や江ノ島で時々、あるいは電車の移動中などにスケッチを行う事があり風景画が得意で、写実的な着彩が特徴。

展示即売会で出展販売した漫画はアメリカン・コミックス調の着彩が特徴的で、世界観はファンタジーSF、ほのぼのとした話も多く、Twitterで公開した漫画「名探偵と魔法使いの助手[7]」「兵器少女[8][9]」シリーズが話題となっている。

作品リスト[編集]

師匠[編集]

脚注[編集]

  1. ^ まんが科在校生&卒業生受賞・掲載ラッシュ!! | 学校法人東京町田学園 町田・デザイン専門学校”. www.mdc.ac.jp. 2019年10月4日閲覧。
  2. ^ モーツー × ITAN 即日新人賞その5 in コミティア117 - 結果発表 -”. itan.jp. 2019年10月5日閲覧。
  3. ^ kuragebunch (1530846000). “くらツイ漫画賞 結果発表!!” (日本語). 編集部ブログ | くらげバンチ. 2019年10月4日閲覧。
  4. ^ 私は10年くらい前に漫画を描き始めて…”. 千田浩之Twitter (2019年5月9日). 2019年10月5日閲覧。
  5. ^ 同じ先生の元でアシスタントをしていた…”. 千田浩之Twitter (2016年7月10日). 2019年10月5日閲覧。
  6. ^ 車内で、赤ちゃんがクシャミにビックリして…”. 千田浩之Twitter (2016年5月16日). 2019年10月5日閲覧。
  7. ^ 名探偵と魔法使いの助手①”. 千田浩之Twitter (2018年12月26日). 2019年10月5日閲覧。
  8. ^ 兵器少女”. 千田浩之Twitter (2018年12月31日). 2019年10月5日閲覧。
  9. ^ 巨大な武装腕を必死に隠そうとする漫画「兵器少女」がキュンとくる 恐れられる兵器なあの子の笑顔……!” (日本語). ねとらぼ. 2019年10月4日閲覧。
  10. ^ この千田浩之さんという作家さんは…”. 西義之Twitter (2017年5月3日). 2019年10月5日閲覧。

外部リンク[編集]