北見伸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

北見 伸(きたみ しん、本名:山上 民夫[1]1962年2月16日[1] - )は日本のマジシャン・イリュージョニスト。大阪府出身[1]。実子に同じくマジシャンの山上兄弟がいる。

略歴[編集]

1979年北見マキに入門。その後マニプレーションマジシャンしてデビューし、1984年ニューヨークのジブリマジックショーやロサンゼルスマジックキャッスル(1987年にも出演)、1988年にはオランダで行われたFISMマジックコンベンション、1990年には第1回「ワールドマジックサミット」など世界各国の大会に出演した[1]

魔女軍団スティファニーを結成以後は、「SHIN KITAMI & スティファニー」というイリュージョンチームを組み大型イリュージョンを手がけており、バイクの消失、車の出現といった大がかりな出し物にもチャレンジしている。

また、マジック界のアイドル瞳ナナマジックジェミーをデビューさせ、新しいマジック界をめざし、魔女軍団をプロデュースしているほか、2000年、2001年、2004年、2005年とマジックミュージカルの公演のプロデュースを行う[1]

2002年帝劇の「ジャニーズ ミュージカル SHOCK」マジック指導、2003年の帝劇「イーストウィックの魔女たち」のマジック指導など、CMやTVの指導やプロデュースも行っている。

2001年に実子である山上兄弟がデビューしたことにより、山上兄弟の関連マジックグッズ、ビデオやDVD、本等の監修、エポック社からのマジカルカプセル「山上兄弟マジックオンステージ」などもプロデュースしている。

2012年には催眠術を習得して、ステージショーとしての催眠ショーについても研究している。

受賞歴[編集]

  • 1982年 - 国立劇場「花形新人会」銀賞受賞
  • 1986年 - インターナショナルコンテスト(IBM)入賞
  • 1990年 - 国立劇場「花形演芸会」北見伸&スティファニーイリュージョンマジックとして受賞
  • 1994年 - Platform magic Contest グランプリ受賞

活動歴[編集]

公演活動[編集]

1986年

  • 「魅て見て不思議マジックデート」銀座において、初のリサイタル。

1990年

  • 「ILLUSION」国立劇場演芸場において、芸術際参加公演。

1993年

  • 「A concert of Illusion」東京芸術劇場 芸術祭参加公演。

1996年

  • 「ミニミニライブ」銀座みゆき館。
  • 「Shin Kitami Magic Live」国立劇場演芸場 芸術祭参加公演。

1997年

  • 「ミクロILLUSION」銀座小劇場 芸術祭参加公演。

1998年

  • 「イマージュ」東京芸術劇場 芸術祭参加公演。

2000年

  • マジックミュージカル「魔女伝説」構成演出。
  • 「TIME とき」江戸川総合文化センター 芸術祭参加公演。

2001年

  • マジックミュージカル「魔女伝説2」構成演出
  • 「マジックジェミーのエンターザナイトin銀座」構成演出

2002年

  • マジックミュージカル「魔女伝説3」構成演出
  • 「マジックジェミーのエンターザナイトin銀座2」構成演出
  • 「山上兄弟のハッピーマジック」日比谷公会堂 構成演出出演
  • 「山上兄弟のハッピークリスマス」浅草公会堂 構成演出出演

2003年

  • 「山上兄弟のハッピー春休み」構成演出出演
  • 「山上兄弟のドキドキマジックショー」浅草公会堂 構成演出出演
  • 「イーストウイックの魔女たち」帝劇 マジック指導

2004年

  • 「魔女伝説2004」関内ホール・浅草公会堂 構成演出
  • 「マジックジェミーのエンーザナイトin銀座」構成演出
  • 「ジャニーズ SHOCK」帝劇 マジック指導

2005年

  • 「山上兄弟のハッピーシリーズ・てじなーにゃの森の仲間達]マジック構成
  • 魔女伝説2005「マジックジェミーのエンターザナイトin 銀座」構成演出

2006年

2007年

2008年

  • カルビーテレビCMマジック 指導

2009年

2010年

  • 「黒木瞳30thディナーショー」マジック指導

2011年

2012年

  • 「宝塚歌劇団花組公園」マジック指導

2013年

書籍・DVD[編集]

  • 1994年 - 東京マジックより、プロ用講習ビデオ『MAGIC OF JAPAN クロースアップ編』発売
  • 1996年 - 東京マジックより、プロ用講習ビデオ『MAGIC OF JAPAN ステージ編』発売
  • 2006年 - ぴあ出版より『息子たちよ!』を出版

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 落語芸術協会のプロフィールより
  2. ^ 危機一髪イリュージョン新庄カウントダウン プロ野球 : nikkansports.com 2016年元日閲覧

外部リンク[編集]