山上兄弟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

山上兄弟(やまがみきょうだい)は、兄の山上佳之介と弟の山上暁之進によるギネス・ワールド・レコーズ認定の世界最年少イリュージョニスト。社団法人落語芸術協会所属。父親はイリュージョニストの北見伸

プロフィール[編集]

兄:山上 佳之介(やまがみ よしのすけ、1994年8月11日 - 、23歳) 2017年3月、日本大学芸術学部演劇学科卒。

立ち位置:向かって左
イメージカラー:青
好きな物:ゼリー、ヨーグルト、メロン、すもも、梅干、麦茶
愛称:よっちぃ
趣味:乗馬・ピアノ・トランペット・ボウリング・コスプレ

弟:山上 暁之進(やまがみ あきのしん、1995年12月1日 - 、21歳)

立ち位置:向かって右
イメージカラー:赤
好きな物:野球、電車、ルイボス茶、スイカ、メロン、ラーメン
愛称:あっキー
趣味:乗馬・ピアノ・サックス・ドラム・サッカー・野球・ボウリング・コスプレ

ステージ上では、兄の佳之介は「ヨッチー」または「ヨッチ」。弟の暁之進は「アッキー」または「アッキ」。二人そろって「ヨッチとアッキー」(ネット上の一部で「ヨチアキ」)という呼称が一般的。所属プロダクションでは、「テレやのよっち」「おちゃめなあっきー」という愛称をプレスリリースしている。

概要[編集]

所属プロダクションは、有限会社ショータイムスタジオ・ウイッチステーション東京都江戸川区)である。「イリュージョニスト」と称するが、その営業内容はクロースアップ・マジック、中規模なサロンマジックから子供用に特化した道具を使ういわば特殊イリュージョンを網羅し、さらに子供や初心者を対象としたマジックのレクチャーなど広範に及ぶ。

演出上の特色は、振り付けや手話を交えた演唱やタップダンス、元気な返事とシンメトリーなポーズを組み合わせ、また子猫の形態を模して男の子らしい愛らしさを強調したキメの文句(てじな〜にゃ)、さらに大仕掛けのものとしては子供向けのミュージカルプレイにそれらを織り込んだステージなど、小学生の男の子であるメリットを最大限に生かしたものとなっていた。

ステージのテイストはややコミカルで、そこには子供の手の小ささや技術のつたなさを客に笑って見てもらうという目論みもある一方、子供の観客に対しては媚びを見せず、あくまでも大人向けのステージ設定にしている。このため、その観客層は、性別を問わず幼児から老人までをとりこみ幅広い。

営業にあたって、出演は2人の学校の休みと放課後のみという学業絶対優先の制約を自ら設けたため、週末や公立学校の長期休業期間にスケジュールが集中している。このため、営業地域や公演時間が限定され、結果として話題性のスパンが長く、子供であるにもかかわらず集中したステージを効率的に提供してきたと言える。

掛け声は「てじな〜にゃ!」。

ステージで歌っている曲を収めたCD、子ども向けのマジックDVD、ハウツー本や写真集、カレンダーなどが発売されているほか、ガシャポンや食玩をはじめとしたマジック玩具の契約を持っている。

来歴[編集]

山上兄弟は、2000年に兄の佳之介が北見伸の演出ステージの子役として6歳でデビュー。翌、2001年に弟の暁之進がケージマジックの仕掛けに入ったため、兄弟で出演するようになった。2001年TX系列のテレビ出演を皮切りに海外局を含む様々なテレビジョンプログラムに出演。国内外のイベントやマジックの大会、出版メディアなど積極的に進出した。

2002年10月にはギネス・ワールド・レコーズ(ギネスブック)にて「世界最年少イリュージョニスト」の認定が受理された。また、2002年10月に日比谷公会堂にて初のリサイタルを開き、2002年12月には日本奇術協会より特別賞を受賞。2003年7月FISMの第22回オランダ大会でイリュージョン部門4位(10組中。1位なし)。2005年12月31日のNHK紅白歌合戦で応援マジックを披露した。2006年3月19日、日本クロースアップマジシャンズ協会主催のJAPAN CUPにて、ジャパンカップとマジシャン・オブ・ザ・イヤーを受賞。

その後アメリカにも進出し、ラスベガスなどで演技した。その他、韓国・中国・オランダ・スウェーデンなどでも演技している。

2017年4月1日、社団法人落語芸術協会に加入。これにより本格的に寄席への出演が可能となった。

受賞[編集]

  • 2002年10月 - ギネスワールドレコード世界一認定受賞
  • 2002年12月 - 日本奇術協会特別賞受賞
  • 2003年7月 - 第22回FISM イリュージョン部門4位
  • 2006年3月19日 - 日本クロースアップマジシャンズ協会主催の JAPAN CUP 2006 にて、ジャパンカップとマジシャンオブザイヤー受賞
  • 2008年2月 - イギリスで開催されたジュニアワールドマジックチャンピオンシップ イリュージョン部門 優勝、ステージ部門 グランプリ[1]
  • 2009年3月 - アメリカラスベガスで開催されたワールドマジックセミナーのティーン マジシャン ステージ コンペティション 3位

出演[編集]

CM[編集]

映画[編集]

テレビ[編集]

        2015年5月20日・6月3日・6月10日

テレビアニメ[編集]

ゲーム[編集]

  • アタマでDO! こてんこてんこ(2007年3月29日、ニンテンドーDS)本人役で声のみ出演

公演[編集]

  • 2002年10月 - 「山上兄弟のハッピーマジック」(日比谷公会堂)
  • 2002年12月 - 「山上兄弟のハッピークリスマス」(浅草公会堂)
  • 2003年3月 - 「山上兄弟のハッピー春休み」(関内ホール)
  • 2003年4月 - 「山上兄弟のハッピー春休み」(日比谷公会堂)
  • 2003年11月 - 「山上兄弟のドキドキマジックショー」(浅草公会堂)文化庁芸術祭参加公演。史上最年少参加公演。
  • 2004年3月 - 「魔女伝説」マジックミュージカル
  • 2011年3月 - 「マジックライブ」(六本木スプラッシュ)
  • 2011年12月 - 「クリスマスマジか?ライブ」(六本木Bee Hive)
  • 2012年3月 - 「山上兄弟のイリュージョンナイト vol.2」(六本木Bee Hive)
  • 2012年5月 - 「フラボーイ」ミュージカル(ブディストホール)
  • 2013年11月 - 「山上兄弟スーパーマジックショー」(江東区総合区民センター)
  • 2014年5月 - 「山上兄弟トークライブ」(お台場・カルチャーカルチャー)
  • 2014年12月 - 「ヤジキタ!」舞台(渋谷・さくらホール)
  • 2016年8月11日「山上兄弟の日」デビュー15周年記念公演 (浅草公会堂)
  • 2016年10月 「山上兄弟トークライブ」 (お台場・カルチャーカルチャー)

音楽・映像作品[編集]

DVD[編集]

  • 山上兄弟のホップ!ステップ!マジック!! 〜てじなーにゃの巻〜(2004年7月21日)
  • 一度でいいから見てみたい! -密着! キッズタレント&ジュニアアイドル達の舞台裏-(2011年11月16日) - 『人気子どもタレントのその後』に出演

シングルCD[編集]

書籍[編集]

  • 山上兄弟のマジック倶楽部(2004年12月)
  • 山上兄弟写真集<てじなーにゃ>(2006年4月)
  • フォトブック <Tow of the Road> (2016年10月)

脚注[編集]

  1. ^ 『ザ・マジック Vol.76』 東京堂出版、2008年、48頁。
  2. ^ 過去に2002年11月20日・21日にも兄弟そろってゲスト出演している。
  3. ^ マジックを行うときのかけ声は、「てじなーにゃ」ではなく「Xパワー」、子供向けのマジック教室は「プチXパワー」と言っている。

外部リンク[編集]