北田傀子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

北田 傀子(きただ かいじ、本名:北田 茂(きただ しげる)、1923年(大正12年)5月7日 - )は、日本自由律俳句俳人。自由律俳句結社「草原」主宰、月刊随句誌『草原』を発行する随句社社主。前号は千秋子。

経歴[編集]

山口県大島郡小松町中田(現・周防大島町小松)に生まれる。

1938年に上京し、淀橋区の薬局で働き始めるとともに、夜間学校に入学する。1940年、自由律俳句結社「層雲」に入門。荻原井泉水に師事する。この時の俳号は千秋子。1944年、応召され、広島船舶通信連隊補充隊に配属される。1945年台北の野戦病院で終戦を迎える。同年、東芝に入社。以降、1983年に定年退職を迎えるまで、途中タイへの出向をはさみつつ、同社に勤務する。1949年、岡野宵火が中心となって発刊された『河童』へ参加する。なお河童はその後、18号で廃刊となった。1956年神奈川県座間市へ転居する。以降時折、座間市文化財調査員として座間市の歴史調査にあたる。2001年、層雲を退会。同年、草原の前身となる「かもめサイト」を発足させる。2002年、自由律俳句結社草原を創立し、現在へ至る[1]

作家論[編集]

長年、千秋子の俳号で、層雲の主力作家として活躍していた。彼と同時代の俳人には、橋本夢道や近木黎々火らがいる。岡野宵火や平松星童らとともにロマン派と称され、長律の句を詠んでいた時代もあった。

タイへの単身赴任のために層雲から離れていた時期に、種田山頭火尾崎放哉の句を丹念に読み込む機会を得た。そこで今日よい句だと評価されている彼らの句に共通する要素があることに気付いた。それは、いずれの句も、五感で感じた感動を素直に表現していること、虚構や観念ではなく実相を基盤としていること、三節で構成されているとみなすことができ、それぞれの節が共鳴することで作者が実感した感動が適切に表現されていること、平易な大和言葉由来の和語で表されていること、などであった。そして、世間一般へ影響を与え、後世に残る自由律俳句とは、これらの条件を満たしたものであると確信する。

一方、当時の層雲では、復帰して以降、年を追うごとに、実相にもとづかない観念的な句や、西洋由来の自由詩のようなレトリックに富んだ句がもてはやされるようになってきていた。こうした状況に疑問を感じた北田は、2001年、層雲を退会し、草原を立ち上げた。

自由律俳句という名称では、定型俳句の異端的存在であることから逃れられないと考え、文学としての自由律俳句を「随句」と呼ぶことを提唱している。こうした名称に始まる北田の主張は、著書『随句の基調』にまとめられた。それは、およそ以下の五点に集約される。

  1. 随句は、感性のひらめきを原点とする。ひらめきは、瞬時に生じるものである。そのため随句は、最短の詩型をとる。
  2. 随句は、感性の所産である。理屈や説明、感想、意見を述べるものではない。そのため随句は、文章の形ではなく、韻文の形をとる。
  3. 随句は、実体である。五感が実際に感じた実感によって詠まれる。そのため随句は、実体のない観念的あるいは抽象的な詩句とは異なる。
  4. 随句は、大和言葉由来の和語で詠まれる。大和言葉がもつ韻の特性によって、5・7・5以外の韻律が生じてくる。
  5. 随句は、三節で詠まれる。二節で詠むと「何がどうした」の文章で終わるが、三節で詠めば三つの節が共鳴・循環・反響し、そこに書かれた内容を超える感動を生み出す[2]

山頭火や放哉が没して以降、半世紀を超えて自由律俳句に携わってたどり着いた境地。それは結果として、師である井泉水や放哉の志であったと言っても過言ではない。

代表句[編集]

  • また雨音の葉の音
  • 死んだ蝉が砂風で動く
  • 女を待って碑の裏を見ている
  • 事故現場のもくげの首が転がる
  • 女の裸を横にして縦にして彫る
  • 満面のコスモスの雨戸を開ける
  • 目をつむった闇の舌と舌遊ぶ
  • 夕靄の二階の灯がついて消えた
  • 見るともなく女の煙草の煙
  • 夜目にもあなたとわかる蛍に近付く

著作[編集]

句集[編集]

  • 『傀子集』随句社、2012年

編句集[編集]

  • 『随句集 野道』随句社、2001年
  • 『100随句』随句社、2005年
  • 『草原コレクション』随句社、2005年
  • 『自選句集 かもめ』随句社、2008年
  • 『随庵コレクション』随句社、2011年

評論[編集]

  • 『随句のテキスト』随句社、2001年
  • 『随句説文集』随句社、2002年
  • 『随句の基調』随句社、2006年

受賞歴[編集]

  • 1947年、層雲賞受賞
  • 2005年、座間市功労賞受賞

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 北田傀子「著者略歴」『傀子集』随句社、2011年。
  2. ^ 北田傀子『随句の基調』随句社、2006年。

外部リンク[編集]