北爪利世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

北爪 利世(きたづめ りせい、1916年4月28日 - 2004年6月30日)は、日本クラシック音楽界の草分け的クラリネット奏者で、その黎明期から長年にわたり第一人者の一人として演奏・教育など多方面において重要な役割を果たした。

旧制成城学園オーケストラでクラリネットを始め、同時に成城合唱団に属して新交響楽団(現・NHK交響楽団)とも共演する。同窓に作曲家の柴田南雄などがいる。

東京音楽学校(現・東京芸術大学音楽学部)卒業後、東京放送管弦楽団、東京都フィルハーモニー管弦楽団(現・東京フィルハーモニー交響楽団)を経て、東宝交響楽団(現・東京交響楽団)首席奏者を務める。室内楽でも幅広く活躍し、国内外の多くの作曲家の作品初演も手がけた。

浜中浩一村井祐児磯部周平鈴木豊人などをはじめ数多くのクラリネット奏者を育てたほか、東京芸術大学桐朋学園大学山形大学相愛大学日本大学芸術学部などにおいてオーケストラ、室内楽など幅広く教育活動を行う。

弟の北爪規世ヴィオラ奏者。長女の北爪やよひ、長男の北爪道夫はともに作曲家である。

日本クラリネット協会名誉会長(初代会長)、桐朋学園大学名誉教授。

口述筆記による自伝に『音の終わりを大切に〜北爪利世の「クラリネット、わが人生」』(近藤滋郎編、音楽之友社 ISBN 4-276-20185-3)がある。

作曲作品に「クラリネットとピアノのための舞曲風小品」「東京都杉並区立八成小学校校歌」などがある。