北爪道夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

北爪 道夫(きたづめ みちお、1948年2月12日 - )は、日本作曲家

人物・来歴[編集]

東京都出身。東京藝術大学大学院作曲科修了。東京藝術大学京都市立芸術大学愛知県立芸術大学国立音楽大学東京音楽大学などで後進の指導にあたる。現在、東京音楽大学客員教授、愛知県立芸術大学名誉教授。インターナショナル・ロストラム・オブ・コンポーザーズグランプリなど、国際的に評価されている。父はクラリネット奏者の北爪利世

略歴と作風[編集]

「サイド・バイ・サイド」や「映照」で独自のオーケストラ音楽における楽器法が認められ、「楽器が無理無く、しかも斬新に扱える」異才として評価が確立する。音選択としては教会旋法をはじめとするモードを単数あるいは複数の層で用いながらそれらの構成音をトーン・クラスター的に幅広く密度の高い和音として埋める作風をこの時期多用した。

1990年代後半あたりから量的な音響から線的な楽器法へ徐々に傾斜。「ペアワーク」、「彩られた地形第二番」、「推移」などがこれらの路線で作曲されている。音組織が取分け複雑ではなく調的である瞬間も多いが、音選択の勘が冴えており聞き飽きない。

現在は合唱の為の音楽やクラリネット協奏曲で、さらに新しい境地を指向している。一作一作が慎重に作られる為思いのほか寡作だが、丁寧な仕事振りでファンも多い。

主な作品[編集]

管弦楽[編集]

協奏曲[編集]

  • シャドウズ II (1976)(perc & orch)
  • サイド・バイ・サイド(perc & orch)
  • サイド・バイ・サイド(室内オケ版)
  • クラリネット協奏曲
  • 管弦楽のための協奏曲
  • チェロ協奏曲

室内楽[編集]

  • スラッピング・クロッシング
  • 青い宇宙の庭 I, II(guit solo)
  • ペア・ワーク(fl & pf)
  • 連歌(cl solo)
  • ツインズ(vn & marimba)
  • 森の声(perc ensemble)
  • トリプレッツ(vn, cl, pf)

合唱[編集]

  • 合唱組曲「さる」
  • 男声合唱のための「槐多のガランス」
  • 混声合唱のための「海をみている」
  • 混声合唱のための「ことばの旅 I」
  • 混声合唱のための「オデオン」
  • 混声合唱のための「ことばあそびうた・また」
  • 混声合唱のための合唱組曲「万葉の歌」
  • 混声合唱のための「万葉の歌 II」
  • 混声合唱のための回文集「四季」

吹奏楽[編集]

マンドリンオーケストラ[編集]

  • カント
  • ギター協奏曲「青い宇宙の庭 III」

機会音楽[編集]

  • 森のファンファーレ(愛知万博のために)
  • 愛知淑徳学園祝典序曲
  • 愛知淑徳大学大学歌
  • NHK-FM放送ベストオブクラシックテーマ音楽
  • ラジオドラマ「地雷ではなく花を」
  • ラジオドラマ「乳房」
  • ラジオドラマ「浅間」
  • ラジオドラマ「蕨野行」
  • ラジオドラマ「戦争童話集」
  • ラジオドラマ「百億光年の貝殻」
  • ラジオドラマ「殺人者たちの午後~記憶の闇」(2010)
  • ラジオドラマ「羽根をなくした妖精」(2010)
  • ラジオドラマ「樹の上のキジムナー」(2013)

外部リンク[編集]