北沢川文化遺産保存の会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

北沢川文化遺産保存の会(きたざわがわぶんかいさんほぞんのかい)とは、旧郡荏原一帯、中でも世田谷区代田代沢北沢に眠る文化遺産を掘り起こし、それらを文学碑、地図、文章などに記録し、情報発信を行っているボランティア団体である。

代沢小の校地一角に建つ。この煉瓦の門柱は大田区矢口の安吾旧居の門柱を活用したものである。
世田谷区地域風景資産となっている鉄塔の由来を記したものだ。北沢川緑道の、鉄塔がよく眺められるところに建っている。塔は、当地に居住した萩原朔太郎、萩原葉子の痕跡を記すものとして認定された。
この橫光利一文学顕彰碑下部に2枚の鉄平石が用いられている。利一作品『微笑』に出てくる石畳の石である。横光は、客がこの石を渡ってくる靴音で、その用向きがわかったという。
北沢川緑道鎌倉橋たもとに建てられた三好達治文学顕彰碑。当地で編まれた「百たびののち」から選んだ「閑窓一盞」を刻んだ。

北沢川文化遺産保存の会の憲章[編集]

*われらは自由である。
他者存在への慮りがあっての自由である。想像を巡らしたり、ものを書いたり、歩き回ったり、ネットに記したり、そのことにおいて自由である。

*われらは文化を探り求めるものだ。
人々が生きてきた土地の臭いやその痕跡を探したり、調べたりして、その歴史を記すものだ。この記録や覚えがあって、人が自由でありうると信ずるからだ。

*われらは自由である。
われらが主体的にことを為すことによってそれは獲得できるものである。何人もその自由を妨げることはできない。
 〇総会での憲章の承認[1]

活動経過[編集]

2004年(平成16年)12月17日、世田谷区代田の信濃屋会議室で「北沢川文化遺産保存の会」の発起人会を行い、地域住民に承認された。会長に長井邦雄を選出した。

2006年(平成18年)5月世田谷区の助成を受け、冊子「『北沢川文学の小路』物語」を発行した。新聞二紙、朝日新聞毎日新聞が記事に取り上げた。[2][3] 2007年(平成19年)3月20日世田谷区の助成[4]を受け、冊子「下北沢X惜別物語」[5]を発行した。小田急線地下化によって下北沢地域の踏切や駅がなくなってしまうことを受け、地域近代史として、ここで起こった様々なエピソードを住民から聴き取り、これを記録した。

2007年(平成19年)12月3日世田谷区立代沢小学校校地の一角に『坂口安吾文学碑』を建立した。安吾は代沢小の代用教員を務めていた。その時の経験を元に書いた小説が『風と光と二十の私』である。碑にはこの一節、「人間の尊さは自分を苦しめることにある」を刻んだ。この建碑は報道各社が取り上た。産経新聞[6]新潟日報[7]読売新聞[8]

 この文学碑には大田区にあった坂口安吾旧居の門柱が使われている。建立に当たっては東邦ホールディングスの協賛を得た。なお、門柱は新潟日報社所有のものであったが、会の要望に応えて無償で譲ってもらった。この建立時に、会では「『安吾文学碑建立記念記録集』〜あんこ先生が帰ってきた〜」を発行した。

2012年(平成24年)10月6日北沢川緑道に「代田の丘の61号鉄塔由来碑」を建立した。これには朔太郎の詩『定本青猫』の次の一節が刻まれている

都会の空に映る電線の青白いスパークを。
大きな青猫のイメーヂに見てゐる。
                      萩原 朔太郎
  

 「代田の丘の61号鉄塔」は、当地に住まった萩原朔太郎萩原葉子の居住痕跡を記すものとして「世田谷区地域風景資産」に選定されたものだ。建立に当たっては信濃屋の協賛を得た。

2013年(平成25年)11月23日、横光利一旧居「雨過山房」近くの北沢川緑道に「橫光利一文学顕彰碑」を建立した。このモニュメントには小説『微笑』に出てくる石畳(鉄平石)二枚が用いられている。これに響く靴音で訪客の用向きが分かったと作品には記されている。石は橫光家から寄贈されたものである。建立に当たっては世田谷区の助成[9]と、東邦ホールディングスの協賛を得た。

2014年(平成26年)11月29日、三好達治旧居近くの北沢川緑道鎌倉橋に「三好達治文学顕彰碑」を建立した。碑文には当地で編まれた詩集『百たびののち』の一篇「閑窓一盞」を刻む。建立に当たっては世田谷区の助成[10]と、東邦ホールディングスの協賛を得た。同年12月6日、北沢タウンホール12階スカイサロンにて、北沢川文化遺産保存の会創立十周年祝賀会を開催した。

活動実績[編集]

紀要の発行 

  • 「北沢川文化遺産保存の会」紀要 創刊号 2012年10月6日

 『代田の丘の鉄塔文学論』(きむらけん著)[11]  内容:「代田の丘の61号鉄塔」由来碑建立を記念して発行された。当地に居住した萩原朔太郎のことを中心に記述されている。

  • 「北沢川文化遺産保存の会」紀要 第2号 2013年11月22日

 『北沢の丘の石畳文学論』(きむらけん著)[12]  内容:「橫光利一文学顕彰碑」が建立された経緯をまとめたもの。

  • 「北沢川文化遺産保存の会」紀要 第3号 2014年11月29日

 『代田小路寓居文学論』(きむらけん著)[13]  内容:「三好達治文学顕彰碑」が建立された経緯をまとめたもの。没後五十周年記念も兼ねている。

  • 「北沢川文化遺産保存の会」紀要 第4号 2015年8月15日

『戦後70周年記念戦争記録集』(きむらけん著)[14]  内容:戦争経験を聴いて学んだこと。/鉛筆部隊と特攻隊-郷福寺学寮歌が切り開いた戦争近代/誠第三十一飛行隊のゆくえ-宮崎 神宮からの手紙/特攻隊(武揚隊)の愛唱歌蘇る-淺間温泉望郷の歌/駒沢高射砲陣地についての証言(元中隊長内藤悌三氏)/三好達治文学碑顕彰碑、建立記念のスピーチ 

  • 「北沢川文化遺産保存の会」紀要 第5号 2017年3月31日
『代田のダイダラボッチ 東京の巨人伝説の中心地』(きむらけん著)[15] 内容:世田谷代田には巨人の足跡が存在した。それをダイダラボッチと呼称していた。この頭三文字をとって代田と名付けられた。その由来などを記したものだ。

地図の発行

  • 下北沢一帯の文士旧居、芸術家旧居などを記した地図を発行している。その名称は「下北沢文士町文化地図」である。[16]これは改訂を重ね、2017年現在で改訂七版を数え、総発行枚数は五万八千部に達した。現在「文学と音楽と伝説のまち案内図」としてこの改訂七版を無償配布している。

 なお、文士町地図を大型の看板にしたものが、世田谷代田駅前吹上館、北沢川緑道二箇所に設置されている。[17][18]

戦争経験を聴く会、語る会の開催

  •  戦争経験者が年々少なくなっていくところから、その体験を聞き出し、二度と戦争は起こすまいということで毎年「戦争経験を聴く会、語る会」を毎年五月に開催している。
  • 2012年、第五回、「海軍第14期飛行予備学生の話を聞く」(於 北沢タウンホール)
  • 2013年、第六回、「元特攻兵 前村弘さんの話を聞く」(於 北沢タウンホール)
  • 2014年、第七回、「学徒動員者と北朝鮮引き揚げ者の話を聞く」(於 北沢タウンホール)
  • 2015年、第八回、「世田谷の疎開学童と特攻隊」(於 下北沢東京都民教会) 同年5月23日に開催。特記すべき点は、誠第31飛行隊・武揚隊の隊員が、1945年3月に松本淺間温泉での壮行会で歌ったうた。これが一人の女性の記憶(秋元佳子)と一人の作曲家(明石隼汰)とによって70年ぶりに蘇って演奏された。これはテレビニュースでも放送された[19]
  • 2016年5月21日 第九回、戦争と音楽「戦火を潜り抜けた児童音楽隊」(代沢小ミドリ楽団) (於 下北沢東京都民教会)

 代沢小の協力を得て、代沢小疎開学寮歌、「代沢浅間學園の歌」、「聖が丘学寮の歌」、「真正寺学寮の歌」を学童が歌った。なお、「戦果を潜り抜けた児童音楽隊」の話は『ミドリ楽団物語』(えにし書房)として8月9日に刊行される。未収録の「代沢浅間学園の歌」、「真正寺学寮歌」はここに再録した。

  • 2017年5月27日、第十回 「疎開学童ゆかりの特攻隊(武揚隊)」(於 下北沢東京都民教会) 午後一時半から

 記念となる第十回目だ、疎開学童の調べから偶然に武揚隊の存在を知った。このことへの発信が具体的な証拠品の発見と結びついた。それは長野県に残された遺墨であり、徳島県に残されていた手記である。苦闘の連続だった武揚隊のことを明らかにするものだ。

戦争経験の記録

  •  戦争体験については、会の様々な活動を通じて多くの経験者から聞き出し、準公式ブログに記録している。全国の多くの人がネット検索でこれにアクセスしており、それらの人々から戦争に関する新しい情報がもたらされた。まず、銃や刀の代わりに鉛筆を持って闘うという小学校児童の「鉛筆部隊」が存在していたことが判明した。この「鉛筆部隊」は長野県松本市郊外の淺間温泉に疎開していた折に特攻隊「武剋隊」と交流を持っていた。さらにこの調べの過程でもう一隊「武揚隊」の遺墨が新たに発見された。これらの経緯については記録に携わった当会の担当者がノンフィクションとして書き記している。『鉛筆部隊と特攻隊-もう一つの戦史-』・[20][21] 『特攻隊と(松本)褶曲山脈-鉛筆部隊の軌跡』[22]『忘れられた特攻隊-信州松本から宮崎新田原出撃を追って』[23]『ミドリ楽団物語』[24]

研究会の開催

  • 北沢川文化遺産保存の会第一回研究大会 2015年8月1日開催 於:世田谷区立北沢小学校

 大会コンセプト「北沢川流域の文化を語る」  北沢小学区域の文化的変遷 長谷川慎一 北小同窓会会長/池の上の海外植民学校 松原征男   会員/三好達治の代田居住の意味 松山信洋  会員/世田谷吉良氏の系譜 木村康伸 会員

  • 北沢川文化遺産保存の会第二回研究大会 2016年8月6日開催 於:北沢タウンホール スカイサロン

 大会コンセプト シモキタらしさのDNAを語る  第一部 シモキタの昔を語る  戦前について(三十尾 生彦)、戦後について(伊藤文学)  第二部 シモキタの歴史研究  下北沢を中心とする交通網の変遷(きむらたかし)報告:東京セロフアン世田谷工場(木村康伸)下北沢古写真の映写と解説(きむらたかし他)    

地域伝承の記録化

  • 「ダイダラボッチ伝説」は地域最大の伝説伝承だ。柳田国男は、「ダイダラ坊の足跡」という論考で、「東京市は我日本の巨人伝説の一箇の中心地といふことが出来る」と述べているが、その中心は世田谷代田に他ならない。これの伝承を続けている。劇にして演じたり、また、地域の代田児童館と協力して音楽化もしたりしている。後者は「ダイダラボッチ音頭」である。2015年10月17日、世田谷代田図書館で「代田のダイダラボッチ」という講演会があった際に、これは初お披露目され、ユーチューブにアップした。外部リンク参照のこと。[25]

街歩きの実施

  •  会では毎月第三土曜日午後、「都市物語を歩く」と題する、旧武蔵国荏原郡一帯の文化を探訪・発掘する街歩きの会を開催している。回数を重ね、2016年時点で、既に110回を超えている。

脚注[編集]

  1. ^ 2010年12月4日、東京都世田谷区の北沢タウンホールで会の総会を行い。この憲章の承認を得た。
  2. ^ 朝日新聞東京版「児童文学作家きむらさん ブログで報告 冊子に 自転車でたどる下北沢文士物語」2006年6月24日朝刊。
  3. ^ 毎日新聞東京版「北沢川文学の小路が好評」 茂吉、朔太郎……エピソード集め冊子 2006年7月5日朝刊。
  4. ^ 世田谷区地域コミュニティ活性化支援事業 平成18年度補助金交付。テーマ「北沢川文学の小路」
  5. ^ 「下北沢X惜別物語」世田谷区立図書館 書誌番号 004389080
  6. ^ 「産経新聞」東京版、「あんこ先生 81年ぶりの帰還〜下北沢の小学校 坂口安吾文学碑建立へ」2007年11月13日朝刊
  7. ^ 「新潟日報」本社発行社会面事、「坂口安吾ゆかりの門柱 教壇の地 『お帰り』・本社移譲〜文学碑 東京代沢小で序幕式」2007年12月3日朝刊
  8. ^ 「読売新聞」東京都内版、「かつて教べん 世田谷の小学校 安吾先生 81年ぶりの足跡 校内に文学碑・自宅の門柱」2007年12月4日朝刊
  9. ^ 世田谷区地域の絆推進事業。平成25年度補助金交付。テーマ「下北沢文士町の社会への発信」
  10. ^ 世田谷区地域の絆ネットワーク支援事業。平成26年度補助金交付。テーマ「下北沢文士町の社会への発信」
  11. ^ 「代田の丘の鉄塔文学論」国立国会図書館 書誌ID 024012368
  12. ^ 「北沢の丘の石畳文学論」国立国会図書館 書誌ID 025022148
  13. ^ 「代田小路寓居文学論」国立国会図書館  書誌ID 025940974
  14. ^ 「戦後70周年記念戦争記録集」 国立国会図書館 書誌ID 026733477
  15. ^ 「代田のダイダラボッチ 東京の巨人伝説の中心地」 国立国会図書館 書誌ID 028088167
  16. ^ 2013年7月22日(11時05分〜11時54分)NHKテレビ『ひるまえほっと』文学の香りを求めて-東京・世田谷 下北沢-でこの地図、「下北沢文士町文化地図」が紹介された。
  17. ^ 「下北沢経済新聞」、「下北沢に住んでいた文士の旧居跡マップ公開-萩原朔太郎、坂口安吾など」2014年01月8日
  18. ^ 「読売新聞」東京版、「萩原朔太郎や斎藤茂吉も…シモキタ文士地図完成」2014年01月15日朝刊
  19. ^ NHKテレビニュース2015年5月23日8時55分「出撃前の歌 特攻隊員たちが込めた思い」というタイトルで放送
  20. ^ 『鉛筆部隊と特攻隊』(きむらけん著)彩流社 ISBN978-4-7791-1799-2
  21. ^ 『鉛筆部隊と特攻隊』に関わる放送番組。NHK『ラジオ深夜便』明日へのことば「疎開学童の見た特攻隊」2013.3.27放送/フジテレビ奇跡体験!『アンビリバボー』悲しき戦争の記録★鉛筆で戦った子どもたち。2015.8.13日放映
  22. ^ 『特攻隊と(松本)褶曲山脈』(きむらけん著)彩流社 ISBN978-4-7791-1911-8
  23. ^ 『忘れられた特攻隊』(きむらけん著)彩流社 ISBN978-4779120350
  24. ^ 『ミドリ楽団物語』-戦火を潜り抜けた児童音楽隊(きむらけん著)えにし書房 ISBN13:978-4908073298
  25. ^ 『日本経済新聞』2016年6月14日 世田谷・埼玉…巨人が足跡 ダイダラボッチ伝承のための「ダイダラボッチ音頭」を作ったり、「代田の不思議・ダイダラボッチ」を上演したりしている、と会の活動を紹介する記事が載った。

外部リンク[編集]