北センチネル島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

座標: 北緯11度33分 東経92度14分 / 北緯11.550度 東経92.233度 / 11.550; 92.233

アンダマン諸島と北センチネル島の位置(赤)
北センチネル島の航空写真(NASA)
北センチネル島の地図

北センチネル島(きたセンチネルとう、North Sentinel Island)はインドアンダマン諸島中の島。インド洋東部・ベンガル湾内にあり、アンダマン諸島の南西部、南アンダマン島の西、約30キロメートルに位置する。行政面では連邦直轄のアンダマン・ニコバル諸島に属する。

概要[編集]

島には先住民でありセンチネル語を話すセンチネル族(Sentinelese)が50ないし400名程度[1]居住していると考えられている。彼らは科学技術を有さず、外部との接触を拒否しており、アンダマン・ニコバル諸島自治政府も干渉する意向を持っていない。2004年スマトラ島沖地震に際しては、救援物資輸送のヘリコプターに対し、を放っている。2006年、カニの密漁をしていたインド人2人が、寝ている間にボートが流され北センチネル島に漂着した。二人は矢で射られ殺された。インド政府が2人の遺体を回収しようとヘリコプターで向かったが、矢を射掛けられたため回収することができなかった。この事件は、島が「現代社会の一部」ではないとして放置されている[2]。部族に接触し無事に帰還したインド人によれば、島内に伝染病が蔓延しているという証言も有る[要出典]。従って、部族が部外者に対して矢を射る行為に関しては、新たな病原体を持ち込ませないための対策の可能性もある[誰?]

地理[編集]

島の形状は、スマトラ島沖地震発生前は、約72平方キロメートルのほぼ正方形であり、サンゴ礁に覆われていた[1]。海岸周囲の等高線が狭く、狭い砂浜の先ですぐ先で標高20メートルほどになる。その後も徐々に標高が高くなり、最高地点は標高98メートルである。地震発生によりプレートが傾いた影響で1〜2メートルほど隆起し、周囲のサンゴ礁が露出した。島の内部は森林で覆われている。

政治[編集]

1947年以降、インドの連邦直轄領に属していることになっている[3]。 しかし、島民とはいかなる条約も結んだことがなく、事実上島民の主権が認められている状態である。 そのため、インドの自治区の一つと捉えられる。

1970年代以降、何度か住人のセンチネル族との接触が試みられており、ようやく1991年に矢を降ろさせることに成功した。しかし、1990年代の半ばには当局の方針が転換。同じアンダマン諸島に住むジャラワ族との接触が、その後、病気や文化的な衝突を引き起こしたことから、センチネル族に対しても積極的に接触を試みないことになった。[4]

アンダマン・ニコバル諸島当局が発行した文書によれば、センチネル族は現代文明を必要とせず干渉も求めていないとして、一切関わらない方針である。[2][5]

脚注[編集]

  1. ^ a b George Weber. “The Andamanese - Chapter 8: The Tribes(英語)”. pp. part 6. The Sentineli. 2013年3月6日閲覧。[リンク切れ]
  2. ^ a b Bonnett 2015, p. 98.
  3. ^ George Weber. something missing"The Andamanese - Chapter 1: Contact" Retrieved October 8, 2011. [リンク切れ]
  4. ^ Bonnett 2015, p. 96.
  5. ^ Subir Bhaumik. “Extinction threat for Andaman natives”. 2005年5月5日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]