センチネル族

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
センチネル族
総人口
15 - 500人
居住地域
北センチネル島
言語
センチネル語
関連する民族
ジャラワ族オンゲ族大アンダマン人

{{{footnotes}}}
インド洋東部の位置(インド内)
インド洋東部
インド洋東部
インド洋東部 (インド)
インド洋東部の位置(アンダマン・ニコバル諸島内)
インド洋東部
インド洋東部
インド洋東部 (アンダマン・ニコバル諸島)

センチネル族(Sentinelese people)は、インド洋東部のアンダマン諸島に浮かぶ北センチネル島に住む先住民族。人口は250人ほどとされる。今もなお石器時代の生活を維持する世界で唯一の民族と言われ、外部との接触を拒否する生活を続けており、インド政府も干渉をしない意向を示している。

センチネル語を話すが、島の外部でセンチネル語を解する者はおらず、インド政府ですらセンチネル族と会話でコミュニケーションを取ることは不可能である [1] [2]。 地理的にはジャラワ族オンゲ族と同系統とも推定されているが、データが存在しないので何も言えない状態である。


脚注[編集]

  1. ^ Vishvajit Pandya, "In the Forest: Visual and Material Worlds of Andamanese History (1858-2006)," p. 361, (University Press of America, 2008) ISBN 0761841539, ISBN 9780761841531.
  2. ^ Dan McDougall, "Survival comes first for the last Stone Age tribe world: Two poachers lie in shallow graves beside the Indian Ocean after they trespassed on an endangered tribe's island. Now even relatives of the victims' want the killers left alone." The Observer, 12 February 2006.

関連項目[編集]