勝谷保

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

勝谷 保(しょうや たもつ、1926年大正15年)5月17日 - 2015年平成27年)2月26日)は日本の官僚、実業家、元中小企業庁長官、元インドネシア石油(現・国際石油開発帝石)社長・会長。山口県出身。

略歴[編集]

  • 1926年(大正15年) - 武作の三男として生まれる。
  • 1952年(昭和27年) - 東京大学法律学科を卒業、通商産業省へ入省、重工業局鉄鋼業務課長、通商政策局経済協力課長、大阪府商工部長などを歴任する。
  • 1977年(昭和52年) - 特許庁総務部長に就任。
  • 1979年(昭和54年) - 科学技術庁研究調整局長に就任。
  • 1981年(昭和56年) - 中小企業庁長官に就任。
  • 1982年(昭和57年) - 石油公団理事に就任。
  • 1985年(昭和60年) - インドネシア石油顧問に就任。
  • 1986年(昭和61年) - 同社専務に就任。
  • 1987年(昭和62年) - 同社副社長に就任。
  • 1989年(平成元年) - 同社社長に就任。
  • 1996年(平成8年) - 同社会長に就任。
  • 2000年(平成12年) - 同社相談役に就任。
  • 2015年(平成27年)2月26日 - 肺炎のため、東京都世田谷区の病院で死去、88歳[1]

受章・受賞[編集]

参考[編集]

  • 交詢社 第80版 『日本紳士録』 2007年

脚注[編集]

  1. ^ 勝谷保さん死去 元インドネシア石油〈現国際石油開発帝石〉社長、元中小企業庁長官 有名人の葬儀 2015年3月9日