勝本清一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

勝本 清一郎(かつもと せいいちろう、1899年5月5日 - 1967年3月23日)は文芸評論家である。

経歴[編集]

東京生まれ。1923年慶應義塾大学文学部を卒業し、プロレタリア文学や演劇の運動に関わった。

1921年に永井荷風の元妻で新作舞踊家として活躍していた藤間静枝(藤蔭静樹)について『三田文学』に「藤間静枝女史の芸術-舞踏詩『秋の調べ』に就いて」として発表[1]。これが縁で当時40代だった静枝の年下の恋人となり、静枝の舞踊台本も執筆。静枝を題材とした小説を『三田文学』に発表した。その後徳田秋聲が結婚しかけた山田順子が勝本のもとに走り、静枝と別れるという事件が起きた(1927年)。勝本は順子についても私小説「肉体の距離」として『三田文学』に発表した[1]。のちに勝本は、これは静枝と別れるためだったと述べており[2]、順子とも1年ほどで別れた。秋声はこの4人の関係をもとに私小説『仮装人物』を執筆した[1]

1929年、島崎藤村の子・蓊助ベルリンに外遊。『前衛の文学』(1930年)を刊行。この間、藤森成吉とともにハリコフ会議(第2回国際革命作家同盟会議)に出席し、日本のプロレタリア文学運動の現状を報告した。1933年、ドイツ人女性を伴って帰国。1938年に検挙された。

第二次世界大戦後、社団法人日本ユネスコ協会連盟理事長を務めた。文学資料の収集でも知られ、岩波書店版『透谷全集』(1950-1955年)の編集において厳密な校訂を貫いたことは語り草になった[3]

著書[編集]

  • 『赤色戦線を行く』新潮社(1930年)
  • 『前衛の文学』新潮社(1930年)
  • 『日本文学の世界的位置』協和書院(1936年)
  • 『近代文学ノート』能楽書林(1948年)
  • 『こころの遠近』朝日新聞社 1965
  • 『近代文学ノート』全4巻(選集)みすず書房 1979-80

共編著[編集]

  • 『座談会明治文学史』(柳田泉猪野謙二と共編著、1961年)
  • 『現代短歌の源流 座談会形式による近代短歌史』吉田精一木俣修共編 短歌研究社 1963
  • 『座談会大正文学史』(柳田泉・猪野謙二と共編著、1965年) のち『明治・大正文学史』として岩波現代文庫 

参考[編集]

  • 『近代日本文学大辞典』講談社、1984 
  • 山田博光「解説」『近代文学ノート』

[編集]

  1. ^ a b c 『徳田秋聲全集, 第39巻』徳田秋聲,八木書店, 2002 月報39,「叡智、モデル、推力 『仮装人物』について(上)」石崎等、p4
  2. ^ 『座談会 明治文学史』
  3. ^ 1976年に刊行された筑摩書房の『明治文学全集 北村透谷集』の校訂をおこなった小田切秀雄は、同書の解題で、勝本の編集に不満を表明している。しかし小田切の指摘したうち、変体がなを直した点に関しては、三好行雄が小田切の誤り(透谷の意向ではなく当時の慣習)を指摘し、谷沢永一と論争になっている(小谷野敦『現代文学論争』筑摩選書)。

外部リンク[編集]