加藤龍勇+後藤啓介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

加藤龍勇+後藤啓介は、日本イラストレーター、漫画家。加藤龍勇と後藤啓介の共同作品のときの名義で、1984年の商業誌デビューから1999年のコンビ解消までは「加藤洋之&後藤啓介」であった。名前を繋ぐのに「&」ではなく「+」を使用したのは、単行本では1996年の『ハーフウインド・ハーフクリスタル』が初。

来歴[編集]

1984年、「模型情報」連載の『夢幻境戦士エリア』(菊地秀行原作)で「加藤洋之&後藤啓介」名義のコンビでイラストデビュー。その後、小説のカバーイラストや雑誌のイラストなどで人気を博し、1989年度の星雲賞(アート部門)、SFマガジン読者賞(イラストレーター部門)を受賞[1]。1999年、コンビを解消し、加藤洋之は「加藤龍勇」に改名する[2]

作品[編集]

  • 夢幻境戦士エリア(菊地秀行原作、バンダイ、1985年)
  • Factlily ファクトリリィ(富士見書房、1989年)
  • トーランドットの錬金術師(ふゅーじょんぷろだくと、1989年)
  • ギョロス大帝の創音機械(ふゅーじょんぷろだくと、1990年)
  • 東京夢漂流(バンダイ、1991年)
  • めたもるほぉん(バンダイ、1992年)
  • 光脈水焔譜(朝日ソノラマ、1992年)
  • アナザー・グリーン・ワールド(朝日ソノラマ、1994年)
  • ハーフウインド・ハーフクリスタル(NTT出版、1996年)
  • 夢帽子 before and after blue(CD-ROM画集、バンダイ、1998年)

関連作品[編集]

挿絵・イラスト[編集]

小説[編集]

ほか多数,

ゲームブック[編集]

  • グラディウス(双葉文庫、1986年)
  • ウォーズン城の魔法使い(富士見書房、1988年)

ゲーム[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ コンビ解消以前の来歴については、加藤洋之&後藤啓介画集「光脈水焔譜」(朝日ソノラマ、1992年)を参照した
  2. ^ コンビ解消後の来歴ついては「【Webミステリーズ! 美術室】後藤啓介」(東京創元社、2006年)を参照した

外部リンク[編集]