加藤龍勇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

加藤 龍勇(かとう りょうゆう 1963年1月28日[1] - )は、日本イラストレーター漫画家。別名:加藤 洋之(かとう ひろゆき)。

来歴[編集]

1984年、「模型情報」連載の『夢幻境戦士エリア』(菊地秀行原作)で「加藤洋之&後藤啓介」名義のコンビでイラストデビュー。その後、小説のカバーイラストや雑誌のイラストなどで人気を博し、1989年度の星雲賞(アート部門)、SFマガジン読者賞(イラストレーター部門)を受賞[2]。1999年、後藤啓介とのコンビを解消し、「加藤龍勇」に改名。以後は絵本の出版や、展覧会を中心に活動している。2015年からはAmazon Kindle向けの電子出版での販売も開始した。

作品[編集]

後藤啓介との共同作品については加藤龍勇+後藤啓介を参照。ここでは単独名義での作品を扱う。

印刷出版物[編集]

  • だきしめたい(朝日ソノラマ、2000年)
  • いちばん猫(朝日ソノラマ、2001年)
  • まあるくなって…(朝日ソノラマ、2001年)
  • 原体剣舞連(宮沢賢治原作、朝日ソノラマ、2002年)

電子書籍[編集]

  • 世界をゆっくり優しく滅ぼす歌(2015年-2017年)
  • 夏物語(如月サラ著、2017年)
  • 青空と殺意(2018年)
  • ブルーブック・ライブラリィ(2018年)
  • カント・オスティナート 反復する世界(2018年)
  • 流刑星にて(2018年)
  • Silent Fiction(2019年-)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 生年月日は加藤洋之&後藤啓介著「ギョロス大帝の創音機械」(ふゅーじょんぷろだくと、1990年)に記載あり
  2. ^ コンビ解消以前については、加藤洋之&後藤啓介画集「光脈水焔譜」(朝日ソノラマ、1992年)に記載あり

外部リンク[編集]