加藤志異

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

加藤 志異(かとう しい、1975年[1] - )は、日本絵本作家

経歴[編集]

岐阜県生まれ。早稲田大学第二文学部を11年かけて卒業。契約社員として働きながら「妖怪になりたい」という目標を掲げて演説するなどのパフォーマンス活動を行い続け、その様子はドキュメンタリー映画『加藤くんからのメッセージ』(監督:綿毛)の題材となった[2]絵本ワークショップ・あとさき塾で絵本を学び、2012年に「とりかえちゃん」絵:本秀康文溪堂 ISBN 978-489423790-2)でデビュー。吉祥寺の絵本の店「トムズボックス」スタッフ[3]

著書[編集]

絵本[編集]

・『とりかえちゃん』(絵:本秀康 2012年)文溪堂 ISBN 978-4-89423-790-2

脚注[編集]