加藤六蔵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

加藤 六蔵(かとう ろくぞう、1858年6月6日(安政5年4月25日[1]) - 1909年明治42年)6月21日[2])は、明治期の政治家、醤油醸造実業家。

経歴[編集]

三河国(現・愛知県)生まれ。豪商にして代々郷士豊橋漢籍を修めた後、1875年(明治8年)東京に出て慶應義塾に学び、愛知県第二中学校豊橋商業会議所、鉄道等の設立に関わる。愛知県会議員を経て、衆議院議員となる。東三倶楽部を組織し、立憲憲政党中国進歩党等を渡り、憲政本党の要職を得る。

脚注[編集]

  1. ^ 『人事興信録』〔初版〕、355頁。
  2. ^ 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』164頁。

参考文献[編集]

  • 人事興信所編『人事興信録』〔初版〕、1903年。
  • 慶應義塾出身名流列伝』 三田商業研究会編、実業之世界社、1909年(明治42年)6月。近代デジタルライブラリー
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。