冲永佳史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

冲永 佳史(おきなが よしひと、1973年4月8日 - )は、日本の学校経営者、教育者機械工学者。

来歴[編集]

1973年、帝京大学創設者である冲永荘一の次男として東京都品川区に生まれる。慶應義塾中等部慶應義塾高等学校を経て、1996年慶應義塾大学理工学部を卒業。1998年同大学大学院理工学研究科修士課程を修了、2002年同博士課程を単位取得満期退学[1][2](ただし、帝京大学公式HPなどでは「修士課程修了」になっている[3][4])。大学在学中の1993年に帝京大学グループの一法人である冲永学園の理事長に就任。1998年帝京平成大学副理事長への就任を経て、2002年4月には父・壮一が医学部入試の寄付金問題の渦中で帝京大学の理事長を辞職した後を継ぎ、同理事長に就任した。更に同年9月、壮一が帝京大学の理事および総長を辞任(総長制は廃止)した後を受け、帝京大学学長に就任した[5]。2010年、東京国税局税務調査を受け、元総長の父親から相続した資産約15億円の申告漏れを指摘された。追徴課税を支払ったが、本人は「この資産の存在を知らなかった」としている[6]>。現在は 帝京大学グループの複数の学校の理事長・学長を兼任している。

慶應義塾大学大学院理工学研究科では航空機レーシングカーウイングに関わる液体工学分野の乱流工学の学術研究に従事し、乱流を細かく分解してから各部位の運動について基礎方程式を数値的に解析する研究者として活動した。2014年、ハーバード大学客員教授に任命される[7]。また都市再開発地域開発水資源開発、環境問題への取り組みを目的とした社団法人日本プロジェクト産業協議会(JAPIC)の『日本創生委員会』学識者メンバーを務める。

2016年6月24日、全日本学生柔道連盟会長に就任[8]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「東京人 7月増刊 帝京大学歴史をしのぐ未来へ」都市出版 2015.6 p21
  2. ^ “TOP INTERVIEW 帝京大学理事長・学長 冲永佳史”. リクルート進学総研. (2015年11月). http://souken.shingakunet.com/college_m/2015_RCM195_40.pdf 2017年6月12日閲覧。 
  3. ^ “サイエンスを勉強すると、社会が見える 冲永佳史 | リバネス” (日本語). 知識プラットフォームのリバネス-Leave a Nest-. (2012年7月18日). https://lne.st/2012/07/18/okinagayoshihito/ 2018年9月27日閲覧。 
  4. ^ 大学紹介|帝京大学” (日本語). www.teikyo-u.ac.jp. 2018年9月27日閲覧。
  5. ^ “冲永帝京大総長が辞任 寄付金問題で引責”. 47NEWS. 共同通信 (全国新聞ネット). (2002年9月18日). オリジナル2014年6月15日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/20140615163215/http://www.47news.jp/CN/200209/CN2002091801000194.html 2017年6月9日閲覧。 
  6. ^ 日本テレビ. “帝京大学の理事長、約15億円申告漏れ|日テレNEWS24” (日本語). 日テレNEWS24. http://www.news24.jp/articles/2010/11/04/07169987.html 2018年9月4日閲覧。 
  7. ^ “帝京大学 冲永佳史理事長・学長がハーバード大学客員教授に任命され、講演を行いました”. 帝京大学HP. (2014年10月8日). https://www.teikyo-u.ac.jp/news/2014/1008_3876.html 2017年6月9日閲覧。 
  8. ^ “学柔連会長に冲永氏”. 朝日新聞デジタル. (2016年6月25日). http://www.asahi.com/articles/DA3S12426124.html 2017年6月9日閲覧。 

関連項目[編集]