冨澤大智

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
冨澤 大智
基本情報
本名 冨澤 大智
通称 孤高の闘神
BDの闘神
階級 バンタム級
身長 168cm
体重 61.0kg
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1997-10-03) 1997年10月3日(26歳)
出身地 栃木県宇都宮市
スタイル キックボクシング
テーマ曲 ビーグルクルー
「栄光の未来へ」
プロキックボクシング戦績
総試合数 3
勝ち 2
敗け 1
テンプレートを表示
YouTube
チャンネル
活動期間 2020年11月22日 -
ジャンル スポーツ
登録者数 2.52万人
総再生回数 3,423,709回
チャンネル登録者数・総再生回数は
2023年7月13日時点。
テンプレートを表示

冨澤 大智(とみざわ だいち、1997年10月3日 - )は、日本男性キックボクサー[1]栃木県宇都宮市出身。第32回K-1アマチュアチャレンジBクラストーナメント -65kg優勝。

来歴[編集]

2019年、格闘代理戦争4thシーズンにTEAM武尊の一員として出演し、優勝を果たした。

Krush[編集]

2021年10月2日、Krush-EX 2021 vol.5にて渚と対戦し、判定勝ちを収めた。

2022年1月28日、Krush.133にて内田竜斗と対戦し、判定勝ちを収めた。

BREAKING DOWN[編集]

2022年11月3日、BREAKING DOWN初出場となったBREAKING DOWN 6にてヒロヤと対戦し、0-5の判定負けを喫した。なおこの試合は、冨澤にとっては初となる、MMAルールでの対戦であった。

2022年12月4日、BREAKING DOWN 6.5にてとしぞうと対戦し、3-0の判定勝ちを収めた。

2023年3月31日、BREAKING DOWN 7.5にてダンチメン・あつきと対戦し、3-0の判定勝ちを収めた。

2023年5月21日、BREAKING DOWN 8にて戸塚悠人と対戦し、5-0の判定勝ちを収めた。

2023年7月1日、BREAKING DOWN 8.5にて虎之介と対戦し、開始10秒で虎之介の大振りの右フックにカウンター気味の左テンカオを合わせ、KO勝ちを収めた。

2023年8月26日、BREAKING DOWN 9にて竜毅と対戦し、開始23秒で左ストレートによるKO勝ちを収めた。

2023年11月23日、BREAKING DOWN 10のバンタム級王座決定トーナメント1回戦にて虎之介と再戦し、終始打撃で圧倒し開始43秒でパンチのラッシュからのボディへの膝蹴りによるTKO勝ちを収め、トーナメント準決勝進出を果たした。

RIZIN[編集]

2023年12月31日、さいたまスーパーアリーナで行われたRIZIN.45にてKrushフェザー級王者の篠塚辰樹と対戦し、1Rと3Rに1度ずつ、計2度のダウン(キャリア初のダウン)を奪われ、0-3の判定負けを喫した[2][試合映像 1][試合映像 2][補足映像 1]

戦績[編集]

プロキックボクシング[編集]

キックボクシング 戦績
3 試合 (T)KO 判定 その他 引き分け 無効試合
2 0 2 0 0 0
1 0 1 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× 篠塚辰樹 3R終了 判定0-3  RIZIN.45 2023年12月31日
内田竜斗 3R終了 判定3-0 Krush.133 2022年1月28日
3R終了 判定3-0 Krush-EX 2021 vol.5 2021年10月2日

アマチュアキックボクシング[編集]

勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
虎之介 1R 0:43 TKO(ボディへの膝蹴り) BREAKING DOWN 10
【初代バンタム級王座決定トーナメント1回戦】
2023年11月23日
竜毅 1R 0:23 KO(左ストレート) BREAKING DOWN 9 2023年8月26日
虎之介 1R 0:10 KO(ボディへの膝蹴り) BREAKING DOWN 8.5 2023年7月1日
戸塚悠人 1分1R終了 判定5-0 BREAKING DOWN 8 2023年5月21日
ダンチメン・あつき 1分1R終了 判定3-0 BREAKING DOWN 7.5 2023年3月31日
としぞう 1分1R終了 判定3-0 BREAKING DOWN 6.5 2022年12月4日

アマチュア総合格闘技[編集]

勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× ヒロヤ 1分1R終了 判定0-5 BREAKING DOWN 6 2022年11月3日

獲得タイトル[編集]

  • 第32回K-1アマチュア K-1チャレンジ(一般)Bクラストーナメント -65kg優勝(2020年)[3]

脚注[編集]

  1. ^ 冨澤 大智”. Krush 公式サイト|立ち技格闘技イベント|K-1 JAPAN GROUP (2022年1月25日). 2023年7月13日閲覧。
  2. ^ 【RIZIN】第3試合で篠塚辰樹が冨澤大智に判定勝利も予告していたKOならず”. 日刊スポーツ (2023年12月31日). 2024年1月2日閲覧。
  3. ^ 「第32回K-1アマチュア~全日本大会・東日本予選トーナメント(キッズ・ジュニア・マスターズ)&ワンマッチ~」”. K-1アマチュア(甲子園/カレッジ)公式サイト (2020年1月19日). 2024年1月2日閲覧。

試合映像[編集]

  1. ^ 【試合映像】Full Fight | 篠塚辰樹 vs. 冨澤大智 / Tatsuki Shinotsuka vs. Daichi Tomizawa - RIZIN.45』RIZIN公式YouTubeチャンネル、2023年https://www.youtube.com/watch?v=qCtFJTKw-Vw 
  2. ^ 【Special Ring Side】会場リングサイド目線で見る「篠塚辰樹 vs. 冨澤大智」 RIZIN.45 (公式会場映像)』RIZIN公式YouTubeチャンネル、2023年https://www.youtube.com/watch?v=5NJpi1T5OTw&t=354s 

補足映像[編集]

  1. ^ 【番組】RIZIN CONFESSIONS #142(※番組内で試合映像&バックステージ。篠塚辰樹と冨澤大智による試合振り返りドキュメンタリー番組)』RIZIN公式YouTubeチャンネル、2023年https://www.youtube.com/watch?v=j3tr_YeNaMg 

外部リンク[編集]