内藤頼直

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
内藤 頼直
Naitō Yorinao.jpg
時代 江戸時代末期
生誕 天保11年10月27日1840年11月20日
死没 明治12年(1879年8月17日
改名 孝吉(幼名)、頼直
墓所 東京都新宿区新宿の太宗寺
官位 従五位下、左京亮、大和守、駿河守、
若狭
幕府 江戸幕府
信濃国高遠藩
氏族 内藤氏
父母 父:内藤頼寧
兄弟 頼愛頼直頼存松平信敏忠告
正室:戸田忠温の娘
弥三郎(長男)、頼輔(次男)

内藤 頼直(ないとう よりなお)は、幕末大名信濃高遠藩の第8代(最後)の藩主。高遠藩内藤家13代。

略歴[編集]

天保11年(1840年)、第7代藩主・内藤頼寧の七男として生まれる。兄・頼愛が早世したため世子となり、安政6年(1859年)に父の隠居により家督を相続すると、翌万延元年(1860年)、藩校進徳館を開闢した。

文久元年(1861年)の和宮下向の際にはその負担を務めた[1]。文久2年(1862年)の生麦事件では幕命により万一に備えて藩軍を動かした[2]天狗党の乱では藩の要人が無難なく収めた[3]。また幕府の長州征伐にも参加している[4]

慶応4年(1868年)の戊辰戦争では官軍につき、戦功で賞典金2000両を下賜されている。藩軍は北越会津戦争に出動して西園寺公望を助けるなど活躍した[5]。明治2年(1869年)、版籍奉還で高遠藩知事となり、明治3年(1870年)に藩制を新たに定めている[6]

明治4年(1871年)7月14日に廃藩置県で免官となった[6]。明治12年(1879年)に没した。

脚注[編集]

注釈[編集]

引用元[編集]

  1. ^ 長谷川『シリーズ藩物語 高遠藩』、P181
  2. ^ 長谷川『シリーズ藩物語 高遠藩』、P183
  3. ^ 長谷川『シリーズ藩物語 高遠藩』、P185
  4. ^ 長谷川『シリーズ藩物語 高遠藩』、P186
  5. ^ 長谷川『シリーズ藩物語 高遠藩』、P180
  6. ^ a b 長谷川『シリーズ藩物語 高遠藩』、P201

参考文献[編集]