堤雄長

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

堤 雄長(つつみ たけなが、1870年12月29日(明治3年11月8日[1])- 1955年昭和30年)4月11日[1][2])は、明治から昭和期の宮内官、政治家華族貴族院子爵議員。旧名・雄麿[1]

経歴[編集]

山城国京都で華族・堤功長の二男として生まれる[1][3]。父の死去に伴い、1913年12月10日に子爵を襲爵した[1][3][4]

1894年東京美術学校日本画科を卒業[2][3]工手学校京華中学校などで教師を務めた[3]1912年、祭官となる[2]。以後、大喪使祭官、名誉掌典、青山御所祗候などを務めた[2][3]

1916年6月、貴族院子爵議員補欠選挙で当選し[5]研究会に所属して活動し、1925年7月まで二期在任した[2]

1940年7月5日に隠居し[6]、家督は長男・経長が継承した[1]

親族[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j 『平成新修旧華族家系大成』下巻、111-112頁。
  2. ^ a b c d e 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』48頁。
  3. ^ a b c d e 『人事興信録』第12版 下、ツ46頁。
  4. ^ 『官報』第412号、大正2年12月11日。
  5. ^ 『官報』第1164号、大正5年6月19日。
  6. ^ 『官報』第4052号、昭和15年7月10日。

参考文献[編集]

  • 霞会館華族家系大成編輯委員会『平成新修旧華族家系大成』下巻、霞会館、1996年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 人事興信所編『人事興信録』第12版 下、1940年。


日本の爵位
先代:
堤功長
子爵
堤家第2代
1913年 - 1940年
次代:
堤経長