内藤頼由

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
内藤頼由
時代 江戸時代中期
生誕 宝永5年(1708年
死没 安永9年5月28日1780年6月30日
改名 永井尚達(初名)、頼由
別名 永井左京[1]
戒名 源隆院殿興誉尉山道翁大居士
墓所 東京都新宿区新宿の太宗寺
官位 従五位下、大和
幕府 江戸幕府
信濃国高遠藩
氏族 永井氏内藤氏
父母 父:永井直敬、母:永井直右の娘
養父:内藤頼卿
兄弟 永井尚平永井直陳永井尚方頼由
正室:松平康豊の娘
吉十郎
養子:頼寛頼多頼尚
テンプレートを表示

内藤 頼由(ないとう よりゆき)は、信濃高遠藩の第3代藩主。高遠藩内藤家8代。

生涯[編集]

宝永5年(1708年)、信濃飯山藩主(のちに武蔵岩槻藩主)・永井直敬の六男として生まれる(生年には宝永6年(1709年)1月7日説もある)。享保20年(1735年)に高遠藩の第2代藩主・内藤頼卿に実子がなかったため、末期養子として迎えられ家督を継いだ。

元文4年(1739年)に大坂加番延享3年(1746年)から安永4年(1775年)まで奏者番を務めている。藩政では財政問題のため、元文2年(1737年)12月に藩士に対して従来の金給制から俸禄制に改めた[1]。他にも支給方法の改正などを行なっている[2]

安永5年(1776年)、養子の頼尚に家督を譲って隠居する。安永9年(1780年)5月28日(異説として5月27日)に死去。享年73。

脚注[編集]

注釈[編集]

引用元[編集]

  1. ^ a b 長谷川『シリーズ藩物語 高遠藩』、P63
  2. ^ 長谷川『シリーズ藩物語 高遠藩』、P64

参考文献[編集]