八釣白彦皇子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

八釣白彦皇子(やつり の しろひこ の みこ、履中天皇2年(401年)以後 - 安康天皇3年(456年))は、日本皇族允恭天皇の第四皇子。母は忍坂大中姫

概要[編集]

安康天皇の暗殺死後、大泊瀬稚武皇子(後の雄略天皇)に暗殺の黒幕ではないかと疑われる。

また彼が皇位を継ごうと企んでおり、危害を加えられると思い沈黙を通したため、生き埋めにされ、殺される。この時、『古事記』の表現では、腰のところまで土をかけて埋められる途中で、両目が飛び出して(「両(ふた)つの目走り抜けて」)死んだ、といった現代医学的には不思議な現象(腰が埋もれた状態で、なぜか眼球が飛び出るといった肉体崩壊[1])によって亡くなった記述がなされている。

脚注[編集]

  1. ^ 過度なストレスが原因で眼球が突出する病として、バセドウ病の例があるが、元から症状があったのかは不明(「両つの目、走り抜けて」といった表現を誇張とした場合)。