八千代座

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
八千代座
八千代座の位置(熊本県内)
八千代座
八千代座
熊本市
熊本市
八千代座の位置(熊本県)

八千代座(やちよざ)は、熊本県山鹿市にある芝居小屋1910年に建設され、1988年に国の重要文化財に指定された[1]。その後復元修理が行われ、2001年に竣工した。

概略[編集]

1910年、山鹿の旦那衆が組合を作り、町の繁栄を図るために1株30円の株を募って建てた。設計者は回船問屋の主人で灯籠師でもあった木村亀太郎。当時の山鹿は菊池川の水運、豊前街道を利用した水陸交通の要所で、物資の集散地、屈指の温泉場として賑わっていた。同年10月上棟式、12月竣工。その後、歌舞伎浪花節活動写真新劇邦楽クラシックのコンサート、小学校の学芸会と様々な催しものに利用された。昭和になると第2次世界大戦を経て、人々の嗜好の変化、映画からテレビと娯楽の変遷があり1973年(昭和48年)の老人会の総会を最後に八千代座は閉館、1980年(昭和55年)八千代座組合は建物を山鹿市に寄贈した。その後雨漏りにより屋根が裂けるなど、建物の老朽化が進んだ。1986年(昭和61年)八千代座復興期成会が発足して、特に高齢者を主に、募金活動などが行われた。1989年(平成元年)から一般公開が始まり、1996年(平成8年)、平成の大修理が始まり、(2001年)平成13年5月、竣工式が行われた。[2]

年譜[編集]

  • 1910年:山鹿の実業界が八千代座組合を作り、八千代座設立を決定。
  • 同年10月:棟上式、12月:竣工。
  • 1911年:こけら落としは松嶋家一行による大歌舞伎。
  • 1914年:森永ミルクキャラメル活動写真。天中軒雲月による「桜島遭難談」。
  • 1915年:森峰吉率いる「少女歌舞伎」が流行る。
  • 1916年:「目玉の松ちゃん」(尾上松之助)が流行る。
  • 1917年:芸術座の松井須磨子島村抱月によるカチューシャの公演。
  • 1919年:小井出登以師(三味線)追善演奏会。
  • 1925年:松竹活動写真節劇連鎖、中村歌三郎
  • 1932-33年:新国劇奇術、天勝一行ほか。
  • 1934年-1935年:新派劇八雲一行。
  • 1935-1936年:忠臣蔵連鎖劇。
  • 1937-1947年:松本幸四郎長谷川一夫ほか。
  • 1948年:福岡フィルハーモニー、レクイエム演奏会。
  • 1951年:辻久子バイオリンリサイタル。
  • 1952年:谷桃子伊藤京子[要曖昧さ回避]バレエを招く。
  • 1954年:淡谷のり子、北村タンゴを招く。
  • 1963年-1972年:映画、学芸会、市職員大会に利用される。
  • 1973年:経営不振で閉鎖。
  • 1975年:熊本大学工学部による調査報告があった。
  • 1980年1月:八千代座組合は建物を山鹿市に寄付。
  • 1985年:山鹿市は八千代座を市指定文化財に指定。雨漏りがひどくなる。
  • 1986年8月:八千代座復興期成会が発足。
  • 1987年:屋根の吹き替えなどが行われる。
  • 1988年:松竹歌舞伎一行が見学。12月、国の重要文化財に指定。
  • 1989年:一般公開と活用を再開。
  • 1990年-:坂東玉三郎舞台公演。
  • 1996年10月:平成の大修理始まる。
  • 2000年8月:NHK朝の連続テレビ小説「オードリー」のロケが行われる。
  • 2001年5月:平成の大修理竣工式。片岡仁左衛門一行による大歌舞伎。
  • 2006年:管理を指定管理者制に移行。
  • 2010年:八千代座建設100周年。
  • 2011年:八千代座開業100周年。[3]

建築[編集]

  • 1910年に地元有志の組合によって建てられた芝居小屋で、設計施工は地元民によって行われた。木造2階建、正面17.2メートル、側面25.8メートル、
    • 間口29.49m, 奥行35.40m 延べ面積1487.4平方mとした資料もある。舞台規模ポロセニアム4.256m間口13.38m,奥行10.50m,廻り舞台直径8.45m 収容能力 約650名[4]
  • 入母屋造妻入、瓦葺の本屋の周囲に瓦葺の庇を設けている。内部は、廻り舞台やスッポンなど、現在でも使用可能な設備を備えている。葡萄棚(舞台上部にあり、道具などを吊り下げる)、天井広告、花道、桟敷席、桝席奈落など歌舞伎小屋の特徴を伝える芝居小屋である。基本的には伝統的木造建築であるが、小屋組は様式のトラス(クイーン・ポスト・トラス)を用い、2階席を支える鋳鉄製の柱、廻り舞台を支えるドイツ製のレールなど、一部に西洋建築の技法が用いられている。廻り舞台のレールには「KRUPP1910」の文字があり、ドイツのクルップの製品である[5][6][7]

類似劇場[編集]

文献[編集]

  • 『よみがえれ! 八千代座』2013年 おむすびおかか 八千代座100周年記念事業実行委員会
  • 『八千代座 芝居小屋 The Yachiyoza Playhouse 永石英彦写真集』 2001年 海鳥社:平成の大修理の写真 ISBN 978-4-87415-366-6

脚注[編集]

  1. ^ 昭和63年12月19日文部省告示第127号
  2. ^ おむすびおかか[2011:やちよざこれまでの100年]
  3. ^ おむすび[2011:30-311]あとがき及び八千代座これまでの100年による
  4. ^ 八千代座大解剖パンフレット2014年
  5. ^ 「新指定の文化財」『月刊文化財』304号、第一法規、1989、pp.2, 36, 37
  6. ^ 八千代座ホームページ
  7. ^ 永石[2001:88]

外部リンク[編集]

座標: 北緯33度1分0.6秒 東経130度41分21.5秒 / 北緯33.016833度 東経130.689306度 / 33.016833; 130.689306