八光亭春輔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

八光亭 春輔(はっこうてい はるすけ)は、落語の名跡。当代は三代目(五明楼も含めると九代目)。初代は八光堂。


三代目 八光亭はっこうてい 春輔はるすけ
本名 岡庭おかにわ はじめ
別名 藤間香寿太郎(日本舞踊藤間流勘右衛門派
生年月日 (1947-02-21) 1947年2月21日(74歳)
出身地 日本の旗 日本東京都世田谷区
師匠 林家彦六
名跡 1. 林家あとむ
(1964年 - 1969年)
2. 二代目林家照蔵
(1969年 - 1979年)
3. 三代目八光亭春輔
(1979年 - )
出囃子 喜撰
活動期間 1964年 -
配偶者 渡辺真知子
所属 落語協会
受賞歴
文化庁芸術祭賞(1993年)

三代目 八光亭 春輔(はっこうてい はるすけ、1947年2月21日 - )は落語家東京都世田谷区出身。本名∶岡庭 弌落語協会所属。出囃子は「喜撰」。

趣味は歌舞伎映画鑑賞。師匠林家彦六が正蔵を名乗っていた時に真打になった最後の弟子である。妻は人形劇団プーク所属の渡辺真知子

略歴[編集]

出典[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 五明楼も含めると九代目

出典[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.555
  2. ^ 国立歴史民俗博物館2013夏の特別企画

外部リンク[編集]