柳家小蝠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

柳家 小蝠(やなぎや こふく)は、東京落語家名跡。当代は5代目。


5代目 柳家 小蝠やなぎや こふく
本名 新井 淳一
生年月日 1975年11月16日
没年月日 (2018-01-12) 2018年1月12日(42歳没)
出身地 日本の旗 日本群馬県高崎市
死没地 東京都
師匠 7代目立川談志
10代目桂文治
2代目柳家蝠丸
名跡 1. 立川志っ平(1994年 - 2001年)
2. 桂前助(2001年 - 2005年)
3. 5代目柳家小蝠(2005年 - )
出囃子 春雨のおくり
活動期間 1994年 - 2018年
配偶者 あり
所属 落語立川流(1994年 - 2001年)
落語芸術協会(2001年 - )
公式サイト 柳家小蝠情報サイト

5代目柳家 小蝠(やなぎや こふく、本名:新井 淳一1975年11月16日 - 2018年1月12日)は、群馬県高崎市矢中町出身の落語家落語芸術協会所属。出囃子は『春雨のおくり』。

来歴[編集]

中学時代に落語に興味を持つ。

1994年5月、桐生第一高校卒業後、7代目立川談志入門。前座名「志っ平」。

2001年、上納金の元金は収めたものの、罰金三倍付けの二倍分が払えなかったため、談志から破門される[1]。その後、10代目桂文治門下に移籍、「前助」に改名。

2004年、文治没後、兄弟子2代目柳家蝠丸預かり弟子になる。

2005年2月、二つ目に昇進し師匠蝠丸の前名5代目「小蝠」を襲名する。

2014年5月、同名のまま真打昇進。

2018年1月5日のお江戸広小路亭での高座を最後にインフルエンザが悪化し、同月9日に都内の病院に緊急搬送されたが、同月12日15時50分、肺炎のため死去。42歳没[2][3][4][5]

出典[編集]

外部リンク[編集]