入江亜季

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

入江 亜季(いりえ あき、女性)は、日本の漫画家香川県丸亀市出身。

経歴[編集]

大学時代は中国文学を専攻。同人誌活動を経て、2004年に『コミックビーム』(エンターブレイン)に掲載の『アルベルティーナ』でデビュー。翌年同誌で『群青学舎』の連載を開始。少女漫画的な美しく華やかな人物描写と、青年漫画的な読みやすいコマ運びによる画面構成を併せ持つ。

2008年には『Fellows!』(エンターブレイン)にて初の長篇連載『乱と灰色の世界』をスタートした。

過去には「入江あき」「入江アリ」名義であさのあつこ新井素子らの小説挿絵や、『活字倶楽部』の表紙イラストなどを手掛けている。また、2004年・2005年にはジャイブキャラクター大賞イラスト部門の審査員を務めていた。

初連載作の『群青学舎』は、『このマンガを読め!2007』(フリースタイル)の第4位にランクイン。また第2作の『乱と灰色の世界』は、2012年文化庁メディア芸術祭マンガ部門において審査委員推薦作品に選ばれた。

作品リスト[編集]

「コダマの谷」(2002年 - 2003年、同人誌発表作)と「フクちゃん旅また旅」(2002年 - 2004年、『ぱふ』、雑草社)を併録
  • 群青学舎(2006年 - 2008年、『コミックビーム』、エンターブレイン)
単行本全4巻。全38話。
単行本全7巻。
『ハルタ』に巻かれている帯の裏に連載中。volume29には、これまで掲載した話を再録したB5小冊子が一部書店のみ付属。
単行本2巻刊行。

共著[編集]

詳細はリンク先を参照。

イラスト・挿絵[編集]

入江アリ名義
  • ラビリンス〈迷宮〉 - 2000年、デュアル文庫(徳間書店
  • ディアナ・ディア・ディアス - 2001年、デュアル文庫(徳間書店)
入江あき名義

外部リンク[編集]