児玉谷史朗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

児玉谷 史朗(こだまや しろう、1954年4月28日 - )は、日本の社会学者一橋大学名誉教授国際開発論およびアフリカ地域研究が専門。

学歴[編集]

職歴[編集]

  • 1985年 4月 アジア経済研究所入所(調査研究部、後に総合研究部[アフリカ・プロジェクト・チーム]、地域研究部[アフリカ]に配属)
  • 1986年 4月 アジア経済研究所海外派遣員として、ザンビア共和国で調査研究(ザンビア大学アフリカ研究所所属)(88年 3月まで)
  • 1991年 3月 アジア経済研究所退職
  • 1991年 4月 一橋大学社会学部助教授(社会地理学講座)
  • 1996年10月 一橋大学社会学部教授(社会地理学講座)
  • 2000年 4月 一橋大学大学院社会学研究科教授に配置替え
  • 2018年 3月 定年退職
  • 2018年 4月 一橋大学名誉教授[1]、一橋大学大学院社会学研究科特任教授

学会活動[編集]

文筆活動[編集]

著書[編集]

  • 『アフリカにおける商業的農業の発展』(編著)アジア経済研究所, 1993

論文[編集]

  • 「ダンボの土地利用と農業生産――ザンビア・チネナ村の事例」(半澤和夫島田周平との共著)『開発学研究』4(2), 1994
  • 「地域研究と開発研究」『一橋論叢』111(4), 1994
  • 「ザンビアの構造調整とメイズの流通改革」原口武彦編『構造調整とアフリカ農業』アジア経済研究所, 1995
  • "Migration, population growth and ethnic diversity of a village in central Zambia." Hitotsubashi Journal of Social Studies 27(2), 1995
  • 「アフリカ――失われた10年と構造調整の10年」柳田侃奥村茂次尾上修悟編『新版世界経済――市場経済のグローバル化』ミネルヴァ書房, 1998
  • 「ザンビアにおける経済危機と都市インフォーマル・セクター」池野旬武内進一編『アフリカのインフォーマル・セクター再考』アジア経済研究所, 1998
  • 「ザンビアにおける農業流通の自由化」大林稔編『アフリカ: 第三の変容』昭和堂, 1999
  • 「ザンビアの慣習法地域における土地制度と土地問題――中央州のある村の事例を中心に」池野旬編『アフリカ農村像の再検討』アジア経済研究所, 1999

脚注[編集]

  1. ^ 平成29年度 第14回 教育研究評議会議事要録一橋大学
  2. ^ [1]